げーむろぐ。

ゲームショップに勤めるゲーマーがゲームについてだらだら語るブログ。

『ポケモン ソード・シールド』プレイレビュー!最新作にふさわしく痒い所に手が届く出来。

スポンサーリンク

f:id:makaido:20191116082242j:plain

ポケットモンスターシリーズの最新作ソード・シールド(以下ポケモン剣盾)が発売されたので、プレイレビュー開始!3DSからSwitchへとハードの性能を上げたポケモン最新作にはたくさんの新要素が。プレイして感じた点などをまとめていきます。

 

 

 

 

 

綺麗になり、奥行きと深みが増したポケモンの世界

まず、遊んで一番に感じるのは綺麗になったポケモンの世界。僕は通常のポケモンシリーズは全てプレイしていますが、それでも前作ウルトラサン・ムーンと比べても格段にグラフィックが進化しています。久しぶりにプレイする人は記憶の中のポケモンとの違いにまず度肝を抜かれると思いますよ!

 もちろんSwitchトップクラスのグラフィック、PS4やPCなどのグラフィックと比べるとまだまだいけるというのはありますが、これだけ綺麗になったポケモンの世界を冒険できるというのは過去ポケモンを遊んだことがある人は感動モノではないでしょうか。

 

グラフィックの進化によって今までのポケモンよりもフィールドに奥行きを感じられるようになりました。実際に歩いてたどり着ける建物が画面遠くに見えたりするんですよね。

f:id:makaido:20191116090322j:plain

右奥の建物にも実際に歩いて行けます

その他にもポケモンのエンカウントも本格的にシンボルエンカウントが取り入れられて、ランダムエンカウントとシンボルエンカウントの両方が採用されています。

草むらを歩いていると何が出てくるかわからないポケモンとその草むらを特定のポケモンがわかるように歩いているんですね。たとえばピカチュウが草むらを歩いているのでぶつかるとピカチュウとバトルになるわけです。

 

見た目での楽しさや戦うポケモンを選んだり、逆に避けたりもできる利便性もありつつランダムのワクワク感も残っている感じですね。個人的には完全ランダムの方が何がでるんだ・・・!?みたいなワクワク感はありましたが、この辺は一長一短かも。ゲームの流れとしてはシンボルが主流になっていますしね。

 

他にもワイルドエリアと呼ばれるところではまるでオープンワールドのようなそこそこ広い作りになっていて、それぞれサファリパークのようにポケモンが分かれて出現。ゲーム序盤から登場するにも関わらずレベル50超えの強いポケモンなどが登場します。

このワイルドエリアではカメラ視点も自由に変更でき、たくさんのポケモンを色々探す楽しみが味わえます。このあたりの楽しみ方は今までになかった楽しさですね。今作の目玉の一つであるダイマックスもたくさん見ることができます。

 

いつでもポケモンボックス操作可能!?

今回少し冒険を進めていくと突然

f:id:makaido:20191116093228j:plain

ポケモンボックスがいつでも使用可能に!

手持ち変えたいな~とか、進化したし別のポケモン育てたい~、なんて時にわざわざポケモンセンターまで戻らなくてもその場で交換できちゃうんですよね。こんな便利なのあり?

他にもあなぬけのヒモが

f:id:makaido:20191116093451j:plain

使用制限のないアイテムになっていたりととにかく色々なものが発達してるというか利便性が高まりすぎてスゴイ。科学の力ってスゲー!

 

というか最近のポケモンは結構そうなんですが、特に今作は至る所で回復ポイントがあってすぐポケモン回復してくれる。守られて冒険してる感がスゴイ。お母さんとか心配で後ろからついてきてるんじゃないかな。

とまあ、序盤のうちからちょっと挙げただけでもかなり充実のサポート体制で冒険することができます。主にクリア後の育成要素なんかもやりやすいように色々と変更されてますし、とにかく遊びやすいポケモンになっている感じはしますね。

 

結構ネット上でも久しぶりにポケモンやるーとか、話題性もあってVtuberさんや実況者さん等たくさんの人が遊ぶのを見かけますし、そういうポケモン久しぶり組でもすんなり遊べるような至れり尽くせりなポケモン剣盾といえるでしょうか。

 

クリア前もクリア後も新しい楽しさ満載

ポケモン剣盾ではシリーズ初の要素も数多くあるので、今までのポケモンを全部遊んできた人でもかなり新鮮ですし、久しぶりの人は、その進化、変化に驚くでしょう。

 

わざマシンなんかもシリーズ最初の頃は使い切りだったのに、最近は何度でも使えるタイプに。ただ、その何度でも使えるわざマシンと使い切りタイプの技レコードと2種類あったり。なので間違えて使わないように気を付けないといけませんね!

そういった変化した部分を楽しんでいくと自然とストーリーも進行していき、うまーく冒険と繋がるような仕組みになってます。この辺は見事ですね。

 

いわゆる殿堂入り後も育成など含めまだまだ楽しめます。今作は通称厳選作業というポケモンの育成がかなりやりやすくなっており、その仕組みさえ最初に少し理解してしまえばかなり強いポケモンも育てやすくなってます。

 

最初は難しく感じるかもしれませんが、よくよく話を聞いてみるとそんなに難しいことでもないのでガチな育成デビューというのも今作オススメの一つと言えるかもしれません。

 

最後に。

基本的に現時点ですとポケモンの評価自体は好評なものが多いように感じますが、発売前からポケモンリストラの件などを含め結構ネガティブな意見も散見していました。

実際使いたいポケモンが新しいポケモンにいないというのは悲しい気持ちになるのは理当然ですが、わりとシリーズでハードが変わるような新作が出る、世代が変わるような時って結構大きな変更がよくあるもの。

ましてや今後Switchのポケモンに登場しないというわけでもなく、今後の展開に期待はできると思いますので今作に登場している歴代のポケモン、新ポケモンを愛でつつゆっくり待てばいいのかなと。

もし〇〇が出ないとやる価値がない!というくらいこだわりがあるのであればそれが互換が来るまで待つというのも手だと思います。何しろポケモン新シリーズは始まったばかり。

Switchのポケモンではピカブイもありますが、亜種に近く、新シリーズという意味では初のポケモンとなる剣盾。新要素も多いですしかなり遊びやすくなっているのでシリーズファンはもちろん、久しぶりに遊ぶ人にもオススメの一本です!

 

ポケットモンスター ソード

価格:5,854円
(2019/11/16 10:03時点)
感想(54件)

 

ポケットモンスター シールド

価格:5,854円
(2019/11/16 10:04時点)
感想(35件)