げーむろぐ。

ゲームショップに勤めるゲーマーがゲームについてだらだら語るブログ。

SEKIROはムズゲーだけどムリゲーじゃないのが○

スポンサーリンク

発売以降安定した人気を誇りつつ口コミで更にユーザーを増やしているフロムソフトウェアの新作アクションゲームSEKIRO。死にゲー、フロムゲーと言われるダクソやブラボなどのシリーズに新たに加わった和風アクションゲーム。確かにちょっと触った感じだともうただ難しいだけのクソゲーと捉えられてもおかしくないdeath。ボスはもちろん、中ボスからただの雑魚に至るまでとにかく死にまくる。俺なんか悪いことした?ってくらい殺される。初見で最後までクリアできる人なんてまずいないだろうし、もし初見でノーデスでクリアしたなんて人は確実にニュータイプなので今すぐNASAにでも行ってもらうとして。とりあえずSEKIROをプレイするのであれば、普通の人だったらとにかくめちゃくちゃ死にまくる覚悟はしておいた方がいいでしょうね。

 

それと他の死にゲーと言われるシリーズと違うのはSEKIROにはレベルがない。(気休め程度の体力と雀の涙程の攻撃力アップ要素はある)だから、レベルを上げてなんとかゴリ押すということも難しい。クリアするにはプレイヤーが上手く立ち回るしかないわけで。その辺の要素もありつつ、なかなか難しいのはちょっと・・・という人には手に取りづらいかもしれないのですが!これはね~、SEKIROは難しいゲームではあるんですけども、ぜひともいろんな人にやってほしいんだな~~~。僕はデモンズソウルからダクソ、ブラボまで一通りのシリーズは全て遊んでクリアしています。でも、個人的にではあるんですけど、今までの中で一番色んな人に遊んでもらいたいゲームなんですよね。今までで一番難しいといってもいいんですけども。

 

というのも理由は色々ありまして。まず導入部分としてフロムゲーの中でもストーリーがわかりやすい。ちゃんとお話として色々触れられていますし、アイテム欄の説明やその他会話などできちんとフォローもされています。こういうお話なんだな、ってのがわかるゲームなんですね。ここでシリーズやったことない人からしたら「当たり前のことじゃね?」ってなるかもしれないですが、他のダクソやブラボなどはストーリーがわかりにくいというか少し説明不足な部分が多く。きちんとしたお話も世界観などもあるんですが、それらを普通にプレイして最初から理解するのは結構難しいんですよね。そういう意味でもお話が普通に遊んでて普通にわかるSEKIROはフロムゲーの中でも比較的親切なのかなと思うわけなのです。

 

そしてキモであるアクション部分。これはもう当然として難しいわけなんですけど、何というか理不尽な難しさではないんですよ。いや、これは多分にちょっとゲーム寄りな意見になってるかもしれないんですけど。敵の攻撃とかも色んな敵がいて、攻撃の仕方や激しさなど全然変わってくるんですけど、それらは初見で戦った時はもう確実にクソゲーふざっけんなこのボス設定したやつ頭おかしいやろ出てこいや!って9割の人がなると思うんですけど、どの攻撃にもきちんと動作の癖や隙などがあって戦っていると徐々に徐々に敵の攻撃に反応出来てくるようになるんですね。そしてクソゲーと思った敵でも自分が上達して倒せると、良ボスじゃん!だが相手が悪かったな・・・みたいにやってやったぜという達成感に包まれるバランスが本当に良くて。だから、戦ってると死んでも悔しいは悔しいんですけどクソ!ってよりかは、あー!今のは!!あああーー!!!みたいな自分でわかって負けたりする感じなので次に繋がるというか。戦っていて楽しくなってくるんですよね。その分戦う時は体力使いますけどw

 

だからいわゆる格ゲーとかで難しいっていうとコンボ繋げる操作が~みたいに操作への難易度が挙げられますけど、別にSEKIROは何か難しい操作があるわけではないんですよね。基本の動作はすぐ覚えられますし。難しいのは敵の動作を見切るという行為であって。それとSEKIROの醍醐味というか特徴の一つとして多彩な攻略方法というのがあります。SEKIROは隻狼と言われる忍びを操作して戦います。隻狼は忍び、正々堂々ばかりが戦いじゃありません。忍具を使ったり、敵をくぐつで操ったり、隠れて不意をついたりと色々な攻略があります。一度見つかって逃げたあと、帰る敵を後ろから討つなんてことも可能です。卑怯とは言うまいな。強いボスと戦う時も基本的にどのボスにも有効な戦い方があるのでそれをつけば比較的優位に進めることができます。もちろんガチって正々堂々切りあってもOK!この自由で多彩な攻略方法も魅力の一つですね。

 

そしてこのゲームの個人的ポイントとして、攻略を人と話したくなるってのがあるんです。どこまでいった?あのボスが強くてさ~。スキルポイントが~、的な感じでどうしようもないくらい強い敵と戦ってる時とか勝てた時とか人と共有したくなるんですよね。ありませんでしたか?学校でドラクエとかFF出た時にどこまでいった?ってやつ。あれをやりたくなるゲームだなと個人的に思うわけです。こうして記事を書いているのもそれが理由の一つとしてあるんですよね。やっぱり誰でもカンタンに遊べるゲームっていうのは大事な要素の一つですし、そういったゲームも楽しいですが、こういう頑張らないとクリアできないゲームってのもたまには良いんじゃないかなと思うんですよね。昔のゲームなんて頑張らないとクリアできないゲームだらけでしたしw

 

ですので難しい評判に尻込みせずぜひ一度挑戦してみてもらいたいなと。難しいと感じたら他のボスのところにいったりもできますし。本当は2千字くらい以内でサクっと書くためにある程度説明部分も省きつつ書いてたのですが、既に結構オーバーしちゃってるので今回はここまでにしておきます。また別角度からオススメ記事書きますよ!面白いから!みんな忍びになろうぜ!

 

 

 

【中古】SEKIRO: SHADOWS DIE TWICEソフト:プレイステーション4ソフト/アクション・ゲーム

価格:6,204円
(2019/5/5 03:09時点)
感想(0件)