げーむろぐ。

ゲーム大好きなゲーマーがゲームについてだらだら語るブログ。

【エターナルツリー】プレイレビュー!序盤はサクサクだけど今後は…?【エタツリ】

【エターナルツリー】プレイレビュー!序盤はサクサクだけど今後は…?【エタツリ】

こんにちは!カイドです。

いよいよ6月23日にサービス開始した『エターナルツリー』!

ジャンルはスタンダードなコマンドRPGで、ざっくりと説明すると中国発のゲームのエッセンスを取り入れつつ、最近のトレンドも盛り込んだグラブルといった感じ。

あくまで本当にざっくりとであって、結構要所要所でちゃんと独自要素も強くなっています。

とりあえずリリース初日ということで、リセマラを諦めた終えることができたので、少し感想などを!

序盤のプレイ感覚はサクサク進む

プレイを始めて、最初のほうは戦力差もあり、どんどんとメインストーリーも進行していけます。

やはりどんなアプリでも開始直後は強くなりやすく楽しい期間ですよね。

やることやること成長を実感しやすくて、夢中になりやすい。

エタツリもRPGなのでキャラやら装備やら、わかりやすい強さとして数値に現れるので、プレイの見返りを感じやすくて楽しく遊べています。

序盤のプレイ感覚はサクサク進む

/戦闘画面。スキルを使用するか通常攻撃かなど、わかりやすいシステム\

ただ、ゲーム自体に独自色はありつつも、やっぱりグラブル感はある。

装備だったり、ジョブだったり、強くなっていき方として、近いものとして想定したほうがいいかなと思います。

つまり、強くなるという道のりがめっちゃくちゃ長いということ!

今でこそまだ装備というかサポカというか、種類やらも限られているのでおとなしく見えますけど、今後を考えるとすんごいことになりそう。

ただ、グラブルって、もちろん課金はすればするほど有利ではあるんですけど、結局強くなるためには、強い敵を倒していかないといけないんですよね。

そのあたり同じような強くなり方なのか、それとも課金志向が強くなるのかは気になるところです。

最近のゲームの中でもクオリティは高く感じる

プレイした限りでは、最近のトレンドというか、おさえるところはおさえているなという感じ。

必殺技を使うときのアニメーションとかもありますし。

あ、あとストーリーが結構力入っているというか、しっかりとしたアドベンチャーゲームみたいな感じで進んでいくんですよね。

ただの紙芝居とかじゃない。

記事を書いている現時点では、メインストーリーを4章まで終えて、ある程度ガチャを引きつつ残りの石を投入するか迷っているところです。

というのも、キャラはめちゃくちゃ引けたけど、召喚石(のようなもの)が全然でない…。

なんとかSレア的な風属性の加護石は手に入れたのですがそれのみ。

基本的にキャラ、装備(のようなも)、召喚石(のようなもの)が入り乱れている闇ガチャシステムなので、リセマラ以外で狙ったものを引き当てるのは大変。

実際ガチャから引けたSSRキャラが8人、召喚石は0…。

ストーリーを進めていくと解放されていく要素で、いわばグラブルでいうマグナ石のような、自分で素材を集めて作っていくものがあるので、一応これが救済とも言えるのかな?

まだプレイはできていませんが、マルチプレイでのボス戦やエンドコンテンツなども今後増えてくると思うので、そういうのが来るまでにはある程度強くなっておきたいところ。

コマンドRPG好き、騎空士ならプレイしても良い気がします

リリース直後ということもあって、ログインボーナスやらプレイボーナスも多く、ガンガン強くなれるしガンガンガチャも引けます。

とりあえずRPGが好きという自覚がある人はやってみてもいいのかなと!

今後の強くなっていくハードルだったり、配布頻度次第ではスタミナが枯渇するんじゃないかとか、石の貯め方とかもろもろ気になる部分もありますが。

まずはリリース時のドタバタというか模索感を楽しみつつ、プレイしていくか決めてはいかがでしょうか!

またプレイを進めてみて、何かあれば記事にしたいと思います!

【ドラクエタクト】イベント終了まであと二日。ぎりぎりいけるか・・・!?

【ドラクエタクト】イベント終了まであと二日。ぎりぎりいけるか・・・!?

こんにちは、カイドです。

いやー、みなさんドラクエタクトプレイしていますか?

5月27日のドラクエの日も挟みつつ、いよいよ現在開催中のドラクエ10コラボイベントが終了間近(6月1日10:59終了予定)です。

コラボイベントではマイユやヒューザといったキャラが仲間になり、ガチャではアンルシアやネルゲルといったメイン格のキャラも入手することができます。

ガチャ産はともかく、マイユ、ヒューザといったキャラはイベントを繰り返しプレイすることで凸を進めることができるので、イベント期間中に何とか完凸を目指したいところ。

僕の進捗はというと…。

【ドラクエタクト】イベント終了まであと二日。ぎりぎりいけるか・・・!?

 

マデサゴーラの完凸が終わり

 

【ドラクエタクト】イベント終了まであと二日。ぎりぎりいけるか・・・!?

 

友情石ミッションも、アンルシアがもう少しというところまできたので、なんとか終了までには間に合うかなあという感じ。

自分でやった体感とか、ほかの有志の方のデータを見る限り、友情石を集めるならノーマルやそれに準ずる難易度が良さそう。

大体スタミナ9~10くらいで1は回収できる計算なので、今からでもスタミナ草とかたくさんぶち込めば結構間に合う人もいるんじゃないでしょうか?

正直プレイしないといけない回数が多すぎやしないか…?とも思いますが、まあ、あんまりぬるくなりすぎてもって面もあるので、このくらいでいいのかな…。

あとは周回が面倒な人は頼っているであろうスキップチケットがイベント期間中にトラブルによって無償だと買えなくなったのが痛い。

結構最近はタクト自体のモチベが少し下降気味なのもあって、直近のイベント系はあんまりしっかりと触れてなかったんですよね。

仲間キャラも完凸できてないのばかりだし…。

モチベが完全に戻ってきたというより、モチベが完全に戻ってきた時にやってないと後悔するなという思いから、イベントをしっかりやるようになりましたw

すでに11コラボとか9コラボしっかりやってればよかったと後悔してますからね

今後のドラクエタクトに期待したい部分

ドラクエタクト自体は面白いし、良いゲームだとも思っているんですが、やっぱりあくまで個人的な気持ちで言えば、もっといろいろなモンスターを強くして戦いたいんだよなぁというところ。

相性ゲーなのは仕方ないとして、もうもはや人間キャラと魔王ばっかり。

モンスターを指揮するゲームじゃなくて、過去シリーズの仲間キャラを戦わせる場面の方が多いですからね。

そりゃガチャ限が強いのは当然としても、低レアの、それこそスライムみたいなモンスターを頑張って苦労して育てればかなり強くなる!みたいのは無理なのかなぁ。

モンスターズみたいに育成をして、SRPG風のシステムで戦うみたいな感じだと個人的にはめちゃくちゃ良かったんですけどね!

今でもランクが8まで解放されてたりとか才能開花で、強さの上積みができるようになってきたとはいえ、低ランクはあくまで低ランク。

ほかのゲームでもよくありますが、どのモンスターも最高レアリティまで育成可能!みたいになったり…しないかな…。

なんかこう「このキラースコップ、めちゃくちゃ強いんだけど!?」みたいのをしたいし、されたい。

とはいえ、本当に前に比べると上積みはできるようになってきましたし、バトロの追加などで強くする意味というのは出てきています。

今後各モンスターがさらにやり込めばもっと強くなるよ!ってなるといいかなって個人的には思うんですが、少数派なのかどうなんでしょうか。

別にね、ダークドレアムをスライムで倒せるようにしろとは思ってないんです。

ただ、極限まで強くしたスライムとかキラーパンサーとか、もっとポテンシャルあるんじゃないかと思うわけで…。

そのうち各シリーズの主人公とかもやってくるのかもしれませんが、そういう最終局面的な感じになる前に、もし同じようなことを考えている人が多かったら…そんな強さに幅とか自由度を持たせるようなアプデ、待っております!

【コードギアス 反逆のルルーシュ ロストストーリーズ】こういうのでいいんだよ【ロススト】

【コードギアス 反逆のルルーシュ ロストストーリーズ】こういうのでいいんだよ【ロススト】

こんにちは、カイドです。

延期されていたコードギアス 反逆のルルーシュ ロストストーリーズ(以下ロススト)が、ついにリリースされました!

いや~、待ってましたよ、ギアスのゲームを。

ということで今回はロスストを触った感想。

ちなみにコードギアスに関する、完全に個人的な趣味嗜好というか、好みで語っております。

コードギアス反逆のルルーシュのゲーム

コードギアス反逆のルルーシュのゲーム

/ストーリーは豪華フルボイス!!\


やっぱり、これは個人的な好みもあるとは思うんですけど、コードギアスっていうのはルルーシュの物語なんだよなぁと。

そういう意味では、やっとコードギアスのゲームが出たなって感じしますね。

ロスストよりも前にリリースされていたジェネシックレコードもプレイはしてみたのですが、ちょっとしっくりこなかった。

いや、ゲーム自体の出来とかもだし、普通にルルーシュも登場自体はしてましたけど。

その点これはストーリーもキャラも反逆のルルーシュがメインのゲームですし、フルボイスだし、テンション上がりつつのプレイとなってます。

そのうちコラボとかでほかのギアス作品からも参戦すると思いますけどね。

物語としては、テレビアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」が完全に原作として据えつつ、ロスストオリジナル主人公が話に組み込まれています。

今進めている限りでは、この主人公もしっかりとギアスにふさわしいキャラしていますし、良い感じに原作へのリスペクトも感じられるような演出、言動というのがあるので好印象。

なんかこう、ぽっと出のキャラがコードギアスめちゃくちゃにしやがってー!みたいのは、今のところありません。

その辺を含めて、お金もかけつつ、しっかりと作られているのかなと個人的には感じましたね。

ゲームシステムはベーシックなタワーディフェンス

ゲームシステムはベーシックなタワーディフェンス

/ボスとの戦闘ではマッチアップのような画面で迫力ある動きも!\

ゲームはストーリーと戦闘パートに分かれていて、戦闘の方はいわゆるタワーディフェンス。

敵のナイトメアフレームが決まったルートを進行してくるので、それらを迎撃して、到達点に行かせないようにするゲームです。

味方ユニットはいろいろな兵種や特性、コストがあり、ただ強いユニットを適当に置くだけじゃクリアできないのが面白いところ。

さながらルルーシュのように、盤面を読み切って戦っていきましょう。

でもまあ、もちろんある程度強いユニットというか、ナイトメアフレームはあるので、しっかりとプレイしていく予定の方は、リセマラ推奨です。

多分こういうゲームなので最終的には結構全部育成しないといけなくなりそうな予感はしますが!

ちなみに育成は結構大変。

まだ序盤のうちはいいけど、後半とかのバランスによってはかなり厳しくなってくる気がします。

何にしても早めに始めるのが吉ですよ!

個人的には良い感じ

あくまで現時点までのプレイの感想になりますが、個人的には良き。

やっぱり、何度もコードギアスを観なおしていますが、本当にギアスって面白いんですよ。

正直、今まで観たアニメで、一番面白かったのは?と聞かれたら選択肢に入るほどに好きなアニメなわけです。

それにはいろいろな要素がありますが、個人的には冒頭でも述べたとおり、ルルーシュの存在というのはとても大きい。

そのルルーシュをしっかりとメインの柱にしつつも、新しい主人公を融合させて、僕たちの『失われた物語』として新たな形を提示してくれたのは結構挑戦なのかなと。

その挑戦は今のところ成功しているように感じているので、今後も期待しながらプレイしていきたいと思います。

メインストーリー後半がめちゃくちゃだったとかになったら手のひら返ししますがw

ゲームはタワーディフェンスで育成難度もそこそこなのでちょっと難しそう…って思う人もいるかもですが、コードギアスが好きなのであれば、遊ぶべきゲームだと思いますよ~!!

いや、違うな…。

個人的には良い感じ

ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる!今すぐこのアプリをプレイしろ!

【ユグドラレゾナンス】約1週間遊んでみた感想。

【ユグドラレゾナンス】約1週間遊んでみた感想。

4月21日にリリースされたユグドラレゾナンス

こちらの新作アプリをリリース日から約1週間ちょっと遊んだので、軽く感想などを書いていこうと思います。

今のところはほぼ課金もしておらず、無課金ユーザー目線での感想です。

ゲームのシステムについて

まずはシステムまわりから。

ゲーム自体は最近よく見るようになりましたが、ほぼほぼプリコネカスタムといっていいでしょうかね。

戦闘もかなりオートでいけますが、少しはプレイヤーが介入できる余地を残しています。

ゲームのシステムについて

戦闘はターン制で、キャラごとに配られるスキル札を

ゲームのシステムについて

選択して戦う、スキルによっては攻撃する敵を選んだりすることも可能。

 

難しいもので、オート関連がしっかりしていないと遊ぶ気なくすのに、完全にオートのみでもそれはそれでつまらないんですよね。

そういう点ではプリコネよりも介入できる余地強めかな。

育成とかの強化方法なんかもほぼほぼ踏襲している感じ。

ゲームのシステムについて

わりとそのままな感じの育成方法。

とくにプリコネを触ったことがなくても、大体すぐ理解できるはず。

テンポもよく、プレイ感覚は良い

ゲーム性がそもそも周回してコツコツ強くしていくタイプなので、1ステージごとのテンポは○。

ステージクリア➡育成➡闘技場とか素材集めとか諸々➡のサイクルが小気味よく、コツコツとプレイするのが好きな人は楽しめるかな?と思います。

結構序盤を抜けて、ある程度キャラを強くしていくとスタミナが一気に枯渇するので、ガッツリ長時間プレイしたり、いきなりドンと強くなるにはある程度課金が必要かも。

ある程度強化するための要素は用意されてるとはいえ、無課金だとスタミナやら素材やらが足りないので、育成するキャラも絞らないとキツイ。

最初は低レアでも徐々に☆を上げていくことが可能で、中にはかなり有用なキャラもいますが、運用できるレベルまで強化していくのは大変ですね。

プレイボーナスとかマイレージカード的なものとか、最近のソシャゲ界隈で見るようになった良いと思われる部分を取り入れているので、プレイを続けるモチベ、目標としては見つけやすいゲームかも。

今後こうなるといいなあという部分

ゲーム自体は目新しいものはないものの、いろいろと各ゲームの良いところを取り入れてうまく味を整えた感じ。

なので、これぞユグレゾ!というものが今のところないので、ゲームとユーザーが進んでいく中で、独自性の強いコンテンツとかが出てくるといいかなぁ。

闘技場とかキャラ育成とかも現状では量産スタイルばかりなので、そのあたりももっといろいろ増えてきて欲しいなと。

リリースからここまでで見えてきている範囲だと、開発元も結構長く真面目に運営していくつもりなのかなと感じているので、結構期待して続けていこうかなと思っています。

しかしスタミナ全然足らないなコレ…。

【2021年】今年発売予定のガチで楽しみなゲーム6選!【RPG多め】

こんにちは、カイドです。

もう9月ということで毎年恒例、年末近くの大作ゲーム発売ラッシュが近づいてきました。

今回選んだタイトルは主にシリーズものが多く、ある程度のクオリティは保証されていると思いますが、結構ほかにも買うゲームがあるんですよね…。

そのあたりもまた別記事やら動画でまとめたいと思います。

では、早速今年発売予定のガチで楽しみなゲーム6選、いってみましょう!

ちなみに発売日順になっています。

9月9日発売 テイルズオブアライズ

9月9日発売 テイルズオブアライズ

/ベルセリア以来のシリーズ最新作!\

まず1本目は、発売日が目前に迫ったテイルズオブアライズ!

当初の発売日から少し延期してしまいましたが、ついに9月9日に発売します。

本作からアンリアルエンジン4を採用し、グラフィックも過去作と比べて格段に進化したアライズ。

絵画のような表現でありつつ、今までのテイルズらしい雰囲気もしっかりと感じられるグラになっています。

体験版もプレイしてみましたが、戦闘の要素も、育成や収集などの要素もどちらも多そうで、実際に本編を始めたらかなりのボリュームになりそうだなぁという印象。

戦闘自体はスピーディでキャラを動かす楽しさもしっかりと感じられましたが、少しヒットエフェクトが軽めというかあっさりしていて、攻撃してる感はもう少し欲しいかなぁと思ったりも。

なんというかこう、ザシュ!ザシュ!って感じじゃなくて、イメージ的には、シャカシャカシャカ!って感じなんですよね(伝われ!)。

でも、術技はハデだったり、今までの演出っぽさがあるものもあったり、なかなか良さげ。

秘奥義もしっかりあるし、2つ目の秘奥義とか?あればそちらの、より凝った演出にも期待したいところですね!

9月30日発売 英雄伝説黎の軌跡

9月30日発売 英雄伝説黎の軌跡

/舞台を変えて、ついに新章突入!\

王道ストーリーRPGの軌跡シリーズが新章突入!

ついに帝国メインのストーリーが一つ区切りを迎えて、舞台は共和国へ!

登場キャラも8割近く一新して、本当に新作だ~という感じ。

軌跡シリーズに関しては、もう完全な続き物なので、舞台が変わったし、ここから新規で始めちゃおっかな~という人は厳しいかなぁ。

あらすじとか、多少下地の説明はされると思うので、できなくはないと思いますけど…。

でも、部分部分での感動度や、ニヤリとする部分など、シリーズをプレイしていないとゲームを100%楽しむことはできないので、興味がある方は、シリーズまとめてのプレイをオススメします。

最初から数えて10作ほどプレイしないといけないですが(´ー`)

ゲームの内容としてはスタンダードなRPG。

ストーリー自体は、今も楽しみで早く遊びたいゲームの1つ。

ただ、RPG的な楽しさというか育成とかバトルのやりごたえ的な意味では空から零、碧くらいまでが僕の中では抜きんでていて、最近は楽しみの比重がストーリーに傾きがち。

今作で戦闘などもいろいろてこ入れされているようなので、そのあたりも期待しちゃいますね!

10月28日発売 スーパーロボット対戦30

10月28日発売 スーパーロボット対戦30

/スパロボ30周年記念作品!\

ヌルヌル動く戦闘シーンでおなじみ、スパロボシリーズ最新作!

いわゆるシミュレーションRPGというジャンルで、さまざまなロボット作品から集められたオールスターロボット軍団を編成して戦い抜くことになります。

ガンダムやらマジンガーZやらコードギアスなどなど、世代を問わず人気なロボットが登場する作品が参戦する、ファンにはたまらない夢のゲームも30周年。

今作は30周年にふさわしく、気合を入れていると思われます。

最近のスパロボのいいとこどりだったり、コンシューマーでは初のオートバトル機能も搭載されたりと良い傾向ではあるのかもしれません。

ただ、これは本当に個人的な好みではあるのですが、シミュレーションRPGってすごいバランスが重要だなと思っているんですよね。

要は敵の強さが絶妙な設定で、どうやれば倒せるか、どうしたらうまく戦えるかと考えたいわけなんです。

もちろん育成しまくって戦うのをウリにしているディスガイアみたいな作品もありますが、それよりはうーんうーんと頭を悩ませて戦いたい。

だから、熟練度とかSRポイントとかで強い機体が出てくるのとか好きだったんですよね。

今作がどんなバランスで出てくるかわかりませんが、久しぶりに楽しみなスパロボです!

11月11日発売 真・女神転生Ⅴ

11月11日発売 真・女神転生Ⅴ

/やり込みがヤバそうなメガテン最新作\

ペルソナが少しライトな感じなら、こちらはコアなイメージのメガテン。

事前に出てくる情報量だけでも、ちょっと圧倒的過ぎて、ボリュームやばくね?という印象。

悪魔関連とか主人公関連の育成要素が多すぎて、これ時間溶けるやつだなーと。

相変わらず東京が荒廃しちゃっているので、シリーズファンも納得の導入です。

デザインとかゲームの雰囲気的にはペルソナほどスタイリッシュな感じではないかもしれませんが、ゲーム内容としてはペルソナに近いものがあります。

今作もプレスターンバトルがベースになっていますし、悪魔=ペルソナと考えてもらえれば、ペルソナから入った人もすんなり楽しめるかなと!

もう、ここに関しては出来の心配はなし。

求めてるものを純粋に、それでいて高いレベルで応えて作ってくれると思うので。

心配事としては、この発売日近辺にゲームが集まりすぎていてプレイ時間的なところだけ…!

11月19日発売 ポケットモンスターブリリアントダイヤモンド/シャイニングパール

11月19日発売 ポケットモンスターブリリアントダイヤモンド/シャイニングパール

/待望のダイパリメイクが登場!\

実にメガテン発売から約1週間で登場するポケモンダイパリメイク。

もう少し間隔どうにかなりませんか…というところではありますが、こちらも超楽しみ!

ダイパリメイクは望む声も大きかったですからね~。

リメイクの方向性がどちらかというとリマスターといった感じで、最近の剣盾ベースでリメイクされると思っていた人からは微妙な声もありました。

でもクオリティはPVを見ている限りでは良さそうでしたし、そもそもダイパが面白いわけですから、多分大丈夫かなと。

ポケモンは結構レートとかも潜ったりするのですが、剣盾よりこっちルールでやったほうが面白そうかなーなんて。

剣盾もめちゃくちゃ楽しめましたけどね。

やっぱりダイマックスはいいかなーとか思ったりもしました。

調整次第なところもありますが、早く新しい育成をして、新しいバトルを楽しみたいなーと思います!

11月23日発売 ファイナルファンタジー14暁月のフィナーレ

11月23日発売 ファイナルファンタジー14暁月のフィナーレ

/トリを飾るのは勢いがエグイFF14拡張パッケージ!\

やはり、今年一番楽しみなのはFF14拡張パッケージ暁月のフィナーレ!

先だなーと思っていたら、もうほぼ2か月後に近づいてきました。

レベルキャップ90になり、新スキルがめちゃくちゃ楽しみだし、ストーリーももちろん楽しみだし、というかもうすべてが楽しみです。

展開に関しては漆黒が良すぎて次はどうなるのかなーという感じもしますが、多分なんだかんだ超えてきちゃうのかなぁ。

運営さんへの信頼は絶大ですが、漆黒は戦闘バランスでいえば悪い面も多々ありましたので、暁月にはそのあたりも期待したいですね。

しかし、リリースされてから時間が経てば経つほどにプレイ人口もどんどん増えてくるって本当に凄いことですよねぇ。

14にも当然良いところも悪いところもあると思いますが、その中でも本当に一生懸命良いものを作ろうとしているんだなぁという気持ちを感じるので、これからもプレイしていくことでしょう。

もし、14をプレイしなくなる時がくるとしたら、FF17とか?で新しいMMOが出た時かなぁ(´ー`)

かなり先のことなので、まだまだ14楽しむぞ~!

まとめ

今年中に発売予定の個人的にガチで楽しみなゲーム6選をお届けしました。

どうでしょう、買う予定のゲームは入っていましたか?

挙げた6本は買うのが確定していますが、ほかにもモナークとかパワプロクンポケットとか気になるものはたくさんあるんですよね…。

毎年の事なんですが、やっぱり年末っていうのはゲームメーカーさんも気合いを入れて、ここぞというゲームを出してくることが多く、発売ラッシュになりがち。

計画的にプレイして、積まないように心がけたいですね。(フラグかな?)

良かったら、もしこれ買うぞ!なんてゲームがあれば、ぜひコメントくださいね(´ー`)

【FF14】マーケットで買ったコーヒークッキーをリーヴ100枚につぎ込むといくら稼げる?【金策】

こんにちは、カイドです。

ということで、今回はいまやFF14の重要アイテムの1つといってもいいコーヒークッキーにおける金策について、今さらながら検証です。

知らない人向けに、ある程度基本的なこともフォローしつつ進めていきます。

コーヒークッキーとは?

コーヒークッキーとは?

/名実ともに有名アイテムになったコーヒークッキー\

ゲーム内の調理品で、そこそこアイテムレベル高めのクッキー。

実際に食べることもでき、ストーリーにも登場、そしてなんといっても調理師のリーヴにて使用することができ、それがなかなか効率の良い金策になるということで人気のお菓子。

巡り巡って有名なFF14のP/Dである吉Pが生放送で焼かされたりもしていた。

そんなゲーム内の食品で1,2を争う有名なコーヒークッキーで、今日はお金を稼いでいきたいと思います。

コーヒークッキーを使う金策

前述のとおり、リーヴを使って金策します。

ほかのプレイヤー相手に売買しないといけない商品と違い、NPC相手のリーヴは、いつでも安定して稼げるのが強み。

※リーヴ券は100枚までストックでき、地球時間で毎日9時と21時に3枚ずつ補充されるので、1日6枚まで補充されます。

漆黒のヴィランズのメイン拠点、クリスタリウムにてリーヴを受注することができます。

コーヒークッキーを使う金策

/リーヴはLv78から受けられるので、レベル上げにも使える\

大口依頼なので、1枚のリーヴで3回分、つまり9枚のコーヒークッキーが必要です。

コーヒークッキーは、HQを用意しましょう。

HQだと報酬が2倍になるので、1枚あたりの金策効率が良くなります。

本当は素材を集めて自作したほうが当然儲けは大きくなるのですが、もう完全に面倒になるんですよね、作るの。

だから、最近はずっとマーケットで買ったのを納品してます。

それでも全然儲けでるんですよ!

100枚全部つぎ込むといくら増えるのか

100枚全部つぎ込むといくら増えるのか

/まずは、元手を用意\

わかりやすく100万ギル用意しました。

リーヴ100枚分なので、必要なコーヒークッキーは900枚になります。

100枚全部つぎ込むといくら増えるのか

/買ってもこのお値段!\

いくつか行ける範囲で、別のサーバーも見てみましたが、どこもそこまで差はありませんでした。

高いところだったとしても、問題なく稼げる値段だと思います。

早速900枚購入します。

100枚全部つぎ込むといくら増えるのか

100枚全部つぎ込むといくら増えるのか

ということで、900枚購入で662,538ギルかかりました。

これをどんどこリーヴを受けて納品を繰り返していきます。

100枚全部つぎ込むといくら増えるのか

大体100枚のリーヴを使い切るのに、30分弱ほど。

いくら稼げた?

早速ギルを見てみましょう。

いくら稼げた?

ということで、30分弱の作業で増えたギルは、

1,157,402ギルでした!!

ちなみに、ギルのほかにもクリスタルとかも手に入るので、そのあたりも加味すればトータルではもっと儲かってます。

あくまでギルだけにスポットを当てると、という感じ。

まとめ

30分で制作もせずにこの稼ぎなら、結構いいと思いませんか?

この金策、サクサクだね!

 

当然自作すればもっと儲けはでるとしても、その分時間はかかってしまいますし、制作する時間をほかに充てると考えれば、全然買って納品はアリ。

リーヴは意識しないと腐らせちゃうかもしれませんし、使わずに溢れちゃうくらいなら、買って納品するだけなので、オススメです!

 

2020年に遊んだゲームのプレイ時間TOP5

こんにちは、カイドです。

 

ということで2021年初更新は2020年の振り返りです。

本当はもっと早く更新する予定だったのですが、ちょっとPC不調や引っ越しによる回線変更待ちなんかで時間かかってしまいました。

 

今回のテーマは『2020年に遊んだゲームのプレイ時間TOP5』です。

PSやSwitchで2020年のプレイ時間を確認できるページが公開されたりもしましたよね。

それも参考にしつつ、コンシューマー、PC、ソシャゲすべて含めたゲームのプレイ時間の中からTOP5を紹介していきます。

 

それでは早速5位からいってみましょう。

 

 

 

第5位 オクトパストラベラー 大陸の覇者

第5位 オクトパストラベラー 大陸の覇者

/スマホで登場した正統派RPGの新作!\

2020年10月に登場したオクトラが5位に滑り込みランクイン!

プレイ時間的には110時間ほどですが、10月末にリリースされてからのプレイ時間なので、なかなかのハイペースでプレイしていたのではないでしょうか。

ソシャゲとかコンシューマとか抜きに、RPGとしてしっかり丁寧に作られていて、かなり熱中して遊んでましたね。

今はさすがにペースは少し落ちましたが、日々パーティ強化で継続的にプレイしております。

ソシャゲということで、多少のコンテンツ不足がユーザーから言われていますが、普通のゲームなら100時間以上遊べたら十分大ボリュームですからね。

それが無料で遊べるっていうんだから、もう満足できる内容なのかなぁと。

いわゆるオールドタイプのRPGでありつつ、ソシャゲに最適化されている感じなので、とりあえずRPG好きなら遊んでおいて損はないゲームです。

継続的に遊んでいれば結構ガチャも引けるので無課金でも問題ないかと。

 

第4位 ドラゴンクエストタクト

第4位 ドラゴンクエストタクト

/ドラクエのタクティカルRPGが4位に!\

4位もソシャゲからドラクエタクトが4位にランクイン!

プレイ時間は2020年時点だと125時間前後かなと思います。

ドラクエのモンスターやキャラを編成して、マス目のフィールドで戦う、いわゆるシミュレーションRPGのドラクエ。

ゲーム自体はめちゃくちゃ面白いのですが、こちらも一部ユーザーからは結構コンテンツ不足の声が多く出ている印象です。

とはいっても、出るコンテンツすべてプレイして、戦力がもう上げようがないよ~なんて人がどれくらいいるんだとは思いますが……。

ただ、ドラクエタクトは遊びの幅が少し狭い感じはあるのかも。

自分も最近はプレイを楽しむというよりかは、イベントに追われて、消化だけなんとかしないと…みたいな義務感でやっているところはあるかなぁ。

結局コンテンツが似たり寄ったりでありつつ、モンスターの強化幅もそんなにないので、遊び方がわりとみんなと同じような感じになってしまうんですよね。

これは、運営さんからの案内で今後はキャラクターのさらなる強化とかもできるようになっていくらしいので、今後はユーザーごとに味が出せていけたら、もっと面白くなっていくのかなぁとか。

あくまで個人的にはドラクエ関連のアプリでは一番遊んでいるし、今後にも期待したいゲームですね。

 

第3位 eBASEBALLパワフルプロ野球2020

第3位 eBASEBALLパワフルプロ野球2020

/過去最大級ボリュームのパワプロ最新作が3位!\

3位はPS4からパワプロ2020!

プレイ時間は、あなたのPlayStation2020 で確認しましたが、156時間でした。

主にサクセスと栄冠ナインでのプレイ時間ですね。

大体サクセス100時間、栄冠ナイン50時間くらいのバランスかなぁ。

本当にボリューム的には過去最大クラスでモードも多いし、1つ1つのボリュームも結構最近のパワプロの中では満足できるものだと感じています。

ゲームバランスっていう意味では、無理やり点差を詰められたりする不自然な失点とかも相変わらずありますが、だんだんとマシになってきてはいる気がします。

調整が難しい面があるのはわかりますが、ゲーム側の都合で、ユーザーに不利な調整をかけるのは、なくしていってほしいですね。

それでも面白くて熱中できたのは間違いありませんし、本当にずっと遊んでいられるゲーム性です。

野球好きなんて、新作が発売するまでずっと遊んでいられそうですね。

 

第2位 ポケットモンスターソード

第2位 ポケットモンスターソード

/2019年発売のポケモンが2020年もプレイ時間を伸ばす!\

2位は、Switchからポケットモンスターソードがランクイン。

プレイ時間は、My Nintendo Switch History 2020 で確認し、176時間でした。

出たのは2019年の11月ですが、2020年もとにかくガッツリ遊んでいましたね。

追加のDLCが出たことで、ポケモンも増えたので、いろいろ育成もしていました。

今作から、いわゆる厳選が今までよりもさらにやりやすくなって、やり方さえわかれば誰でもそんなに時間をかけずにガチなポケモン育成ができるように。

ストーリーのプレイ時間はもちろん、育成やオンライン対戦でのプレイ時間がかなり伸びましたね~。

基本的にオンライン対戦などの要素があるゲームは、次回作が出るまでユーザーもずっと遊んでいる傾向が強いので、まだしばらくはポケモン剣盾は盛り上がりそう。

久しぶりに遊んでも楽しめる良作だと思います。

 

第1位 ファイナルファンタジー14

第1位 ファイナルファンタジー14

/圧倒的なプレイ時間で、FF14が1位に!\

やはりというか、当然というか。

1位に輝いたのは、ファイナルファンタジー14でした。

プレイ時間は、PCよりも起動時間が少なかったPS4で約500時間なので、PCと合わせると、およそ1200時間くらいなのかなと思います。

パッチのタイミングで、その時々でプレイ時間に多少の差はあれど、基本的にはFF14のプレイ時間が圧倒的でしたね。

ゲーム自体も楽しく遊べていますし、ありがたいことにゲーム内の仲間にも恵まれているので、今でも当然毎週遊んでいますし、これからも遊び続けていくでしょう。

拡張ディスクの情報も出てきて、楽しみがまだまだ続きますね。

残念ながらPS5はまだ入手出来ていないのですが、PS5版もオープンベータが始まるということで、そちらも楽しみ。

ロードが爆速ということで、出ている情報だけを鵜呑みにするなら、今遊んでいるPCよりも快適に遊べる説……。

 

番外編

残念ながら5位以内には入れなかったものの、個人的に挙げておきたいタイトル。

  1. ゴーストオブツシマ
  2. 天穂のサクナヒメ
  3. 英雄伝説 創の軌跡
  4. 黄泉ヲ裂ク華
  5. 仁王2
  6. ペルソナ5スクランブル ザ ファントムストライカーズ

の6タイトルを挙げておきます。

どのゲームもプレイ時間では僅差で及ばなかったものの、どれもかなりやり込むほど楽しむことができました。

トロコンしたものやトロコン間近のものがほとんど。

PS5を手にいれたら、多分仁王2とかはまた少しやってみるかもしれません。

 

まとめ

今回は2020年を振り返り、特に長く遊んだゲームをまとめてみました。

PSやSwitchなど、公式でプレイ時間を振り返れるものがあるので、データで見てみるとなんだかおもしろいですよね。

FF14が圧倒的なプレイ時間は、2021年も多分1位になると思いますが、steamでもエンダーリリィズなどかなり面白いゲームもプレイできています。

2021年を振り返った時に、どんなゲーム、どんな機種のゲームがプレイ時間を伸ばすことになるのか、今から楽しみですね!

年末年始はちょっと引っ越しとかもあって、ドタバタしてましたが、今後は記事の更新再開、そしてゲーム実況とかも再開していきます!

ブログやらyoutubeやら、お時間ある時にでもぜひお越しくださいませ~!

 

www.youtube.com

チャンネル登録よろしくお願いします~~!!