げーむろぐ。

ゲーム大好きなゲーマーがゲームについてだらだら語るブログ。

【ドラクエタクト】プレイ日記1。ドラゴン完凸終了!にしてもスタミナが足りない…。

f:id:makaido:20200723064720j:plain

おはようございます、カイドです。

 

最近は対馬に行って刀を振るい、ドラクエタクトで采配を揮う。そんな忙しくも楽しい生活を送っております。ドラクエ1コラボイベントもあと1回更新がきますが、またガチャ更新来るのでしょうか…。

 

 

 

 

 

ドラゴン完凸達成!

f:id:makaido:20200801032003j:plain

今回のドラクエ1コラボイベントで優先度高めと思われるドラゴン凸は無事に終了しました!

 

ドラゴンはAランクということで当然マックスの強さ自体はSランクには負ける部分もありますが、かなり課金しなければSランクは完凸なんてできません。無凸Sランクより完凸ドラゴンの方が使える場面も多々ありそうです。

というかSと比べてもHPは普通に多い部類ですし全体的に強め。さすがドラクエを代表するモンスターの一体といった感じでしょうか。

今後アップデートで強いモンスターが追加されてきたとしても、ちゃんと調整されてある程度の強さは保ってほしいところですね。

どんどん強いモンスターが追加されて最初の方のモンスターの存在価値がない…みたいなことはやめてほしいです。

 

完凸作業自体は結構落ちる落ちないの波もありつつなんとか先週末に終了。これでようやくスタミナが他のクエストに使える…。

 

 

とにかくスタミナが足らないゲーム

もうマジで本当にスタミナが足らない。

しかもどんなに課金した人であろうと最大に使えるスタミナの限りがあるという考えようによっては良くも悪くもある現状。

育成面なども抑圧気味であるからこそまだまだ先が感じられるともいえます。重課金の人達はだいぶ総戦闘力も詰まってきて結構混戦してきてますが。

いってもまだリリースされて2週間ですからね。対人戦もこれからですし。

 

ある程度プレイした人も増えてきて手ごたえというか、反応なんかも見てくれていると思うので。

今後はスタミナ回復のやくそうとかがある程度ゆるく手に入るようになって、スタミナ消費を気にせず遊んでも遊びつくせないコンテンツ量になってくるかなと。

 

今後こうなったらいいなという妄想

色々ありますがもっと育成の幅がでてくるとさらに面白くなってきますね!現状でもめちゃくちゃ楽しめていますが。

とくぎの秘伝書も現状では入手手段が限られていて、対人戦もくることを考えると気軽に消費できなかったりするので、秘伝書クエストみたいなのが追加されてもっと自由に気軽にとくぎを習得させられたらいいなぁとか。

 

あとこれはそのうちコンテンツが成熟してきたら確実にくると思いますが、限界まで成長させたモンスターのさらなる成長要素。

これはSランクモンスターのレベル100になってから経験値ためて得たポイントで強化していくとかの要素でもいいし、低ランクモンスターをさらに強化を引き上げるための限界突破的なものだったりいろいろ考えられます。

モンスターの育成が楽しいゲームだからこそ、今後はいろいろと育成の幅がでてくるといいなと思います。

 

あとできたら同じ装備を複数持たせてほしい…。付け替え面倒なんで…。

 

まとめ

リリースされてから2週間が経過してかなりやり込んでる人も多いドラクエタクト。

楽しめているだけに今後もいろいろこうなっていくといいなぁと考えちゃいますよね。現状はリリース間もないのと最初のイベント中ということもあって、ガチャ更新も1週間の頻度でガンガン追加がきてヤバい。

この頻度でガチャ更新きたら結構な課金勢でも大変ですw

自分は手形とメタルカードのみ購入しまして、ガチャは交換やら地道に貯めたジェムのみで頑張っています…。

今総戦闘力が13万をこえたあたり。トップ層は倍以上あるんだよなぁ…。

そんな上をみればキリがないですが、チマチマとやることが尽きませんしかなり楽しめています。

今後くる闘技場ではおそらくウェイトの制限がかかり、Sランクだけで戦う!とかってわけでもないでしょうし(そういう無差別級みたいのもあるかもですが)

低ランクのモンスターにも光が当たると思うので、いまのうちからいろいろと育てておきたいですね。総戦闘力も上がりますし。

 

とまあ、かなり夢中になっているドラクエタクト。モンスターズのような楽しさがありつつ手軽に遊べるのでかなりオススメ!まだの方はぜひ!

 

play.google.com

ドラゴンクエストタクト

ドラゴンクエストタクト

  • SQUARE ENIX
  • ゲーム
  • 無料

apps.apple.com

【ドラクエタクト】現時点でのストーリークリア!普通に楽しめてます。【感想】

f:id:makaido:20200723064720j:plain

7月16日いよいよ配信されたドラゴンクエストタクト。

ドラクエ+タクティカルRPGというレアな組み合わせもあってか、発表当時から話題になっていて一週間経った今もかなりの人気を誇っています。

今回はそんなドラクエタクトをそこそこ遊んだ感想を書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

ジャンルはタクティカルRPG!

f:id:makaido:20200723065441j:plain

ドラクエタクト公式サイトより

いわゆるシミュレーションRPGという名前が一番ピンときやすいでしょうか。

マス目上のキャラクターを動かして戦う戦略的なゲームですね。 

 

・移動

・たたかう(通常攻撃)

・とくぎ(じゅもんもここに分類)

・たいき

 

の4つの行動でモンスター達を指揮(タクト)していくゲーム性はシンプルながら、考えてやる部分もあり面白いです。

 

シミュレーションといってもそこまで難しい要素も操作も必要ないので、ジャンルで敬遠する必要はないですね!

 

ちなみに 動かすのは人間などのキャラクターではなく、スライムやゴーレムといったドラクエシリーズのモンスター。ドラクエシリーズを触ったことがある人なら見たことあるモンスターばかりだと思います。

 

なかまになりたそうにこちらをみている!

f:id:makaido:20200723073647j:plain

戦闘で戦わせるモンスターはガチャで仲間にするほかに、一部の敵を除いて戦闘後にランダムで仲間にすることができます

モンスターを仲間にできるドラクエって、この起き上がった瞬間がめちゃくちゃワクワクしますよね!それを感じられるのがドラクエタクト。

スライムなどの仲間になりやすいモンスターもいれば、写真のようななかなか仲間にならない高ランクのアンクルホーンまでいろいろなモンスターを仲間にすることができます。

 

f:id:makaido:20200723075210j:plain

基本的に高ランクはガチャ産が多い

同じモンスターは2匹以上仲間にならず、2匹以降を仲間にした際には応援して同じモンスターの能力などを上げていきます。いわゆる凸システムみたいなものですね。

だから高ランクのガチャ産のはなかなか凸ができないので戦闘で仲間にできるモンスターを限凸したほうが強い!なんてケースもあるかもしれません。

モンスターの育成が楽しい

f:id:makaido:20200723070235j:plain

テレレレッテッテッテー♪

効果音なども含めてしっかりドラゴンクエスト。

仲間にしたモンスターは戦闘に勝つことでレベルアップしていきます。ドラクエおなじみのステータスが上がり特定レベルでとくぎを覚える。

とくぎの数は今現在3つ+(自由に覚えさせられる枠がもう1つ)で4つと普段のドラクエからすると少し少ないですが、自由枠もありますし考える余地はあります。とくぎの強化とかもありますしね。

このへんはゲームの幅が広がってくると色々拡張していくかもしれません。

 

ちなみにモンスターは武器も装備することができ、そのへんでのやり込みも今後増えていきそうです。

 

わかりやすい遊び方

f:id:makaido:20200723075434p:plain

基本的にやることはモンスターの育成に関わることが多く、ストーリーを進めつつランクアップ・そうび強化・とくぎ強化といった要素を進めていくことになります。

強くなろうとするとガチャも必要になり上限はかなり高いですが、やること自体はシンプルにまとまっていてチマチマ繰り返し遊べちゃうのがポイント。

 

バトルロードではスライム縛りやドラゴン縛りといった各種族ごとの編成で戦っていくため、どのモンスターにも活躍の場があるのもいいですね。

しかもバトルロードのスタミナ消費は0!いくらでも経験値を稼げちゃいます。

 

全部のモンスターを鍛えるということが総戦闘力を上げることに繋がるので、ランキングとかで上を目指したい場合はバトルロードはやり込み必須なコンテンツですね。

 

ドラクエタクト良かったところ

・モンスターを仲間にして育成できる(モンスターズみたいな楽しさ)

・バトルロードのおかげで延々と強化できる

・ランクの低いモンスターにも価値がある

・基本設計がシンプルでわかりやすい

・シリーズのいろいろなおなじみを生かしている

 

やっぱりある程度なんとなくでも楽しめちゃうというか、特に序盤は国民的RPGといわれるドラクエシリーズらしさを感じられます。ストーリーを進めていくと敵がどんどん強くなってきて厳しいところもありますが、そこはドロップする強いモンスターをじっくり育成するか、ガチャで強いモンスターを引くかという感じなんでしょう。

僕は比較的Sランクのモンスターも出てくれたのですが、現在実装されている最後の方はかなり敵が強くて厳しかったです。そこそこやってたんですけどね…。(それでも総合ランキング2万位前後)

 

ドラクエタクトいまいちなところ

・モンスターや武器を複数持てない

・スタミナ回復手段が厳しい

・AIがあまり賢くない

・高ランクモンスターの覚醒が厳しい

 

モンスターにしても武器にしても同じものは1つと決められているのでたとえばスライム5匹パーティ!みたいなのとか脇を同じのでかためたりするパーティ編成が作れない。どうせなら色々自由に作れたら良かったかなぁ。低ランクもバトルロードで活躍の場はあるといっても今後さらに上限突破みたいな感じで強くできたらいいな。

スタミナは消費するものが多いのにランクアップに周回必須なクエストがあり、かなり消費するのに回復する手段が厳しい。道具はほぼ入手できずそれ以外だとジェムを使うけど結構な量を要求されます。今後回復アイテムの入手機会が増えるといいですが…。

AIは賢すぎると手動の強みがなくなって全部オートでいいじゃんってなるので難しいところですが、移動の仕方くらいはもう少し賢くなってほしいところ。

 

まとめ

結構やり込んでくるといろいろこうしてほしいなぁという部分も見えてきますが、それでも今までもドラクエゲームの中でも結構いい感触できていると思います。

いってもまだリリース1週間ですからね。

ドラクエモンスターズに育成の面白さを感じた人であれば結構ビビっとくるのではないかなーと。もちろん普通にドラクエシリーズ好き!って人にもオススメです。

ちょうど今日からドラゴンクエスト1コラボもはじまって、イベントクエストやりゅうおうの登場なども予定しているのでさらに面白くなっていくはず!

僕も今日の朝にはじまるメンテ直前に現在実装分のストーリーを終わらせることができたので、メンテ後はがっつりとイベントを楽しみたいと思います(´ー`)

 

【パワプロ2020】待望のパワプロ最新作!今回のサクセスは?【eBASEBALL】

f:id:makaido:20200712012921j:plain

 

ついに7月9日にeBASEBALLパワフルプロ野球2020が発売しました!

延期もあったし世界情勢自体が大変なこともあってプロ野球も開幕が危ぶましたが、こうして現実でもゲームでも無事に開幕することができました。

 

僕はサクセスをメインにひととおりプレイしていく予定です。

今回は何といってもプレイするメインのモードだけで12個と過去最大クラスのボリュームなので、コレ1本で相当長く遊べそうです。

 

とりあえずまだそんなにガッツリと攻略はできていませんが、サクセスに登場する3大学の感想などを交えて書いていきます!

 

 

 

 

 

今回のサクセスは3つの大学シナリオ

自然を生かせ!パワフル農業大学

f:id:makaido:20200711232041j:plain

いつも通り一番スタンダードなパワフルの名を冠するシナリオ。

残りのシナリオは最初は選ぶことはできず、パワフル農業大学をクリアすると順次解放されていきます。

 

最初のシナリオだけあってサクセスとしてベーシックな作り。

練習して手に入る経験点の他に農作物を育てて収穫することでいろいろな経験点が手に入ります。

このタネは練習にランダムで参加しているキャラクター達がこれまたランダムで持っていることがあり、その練習を選ぶとタネを植えることができます。

タネごとに効果は違うのですが金の〇〇のタネという効果のタネは他の大学シナリオをクリアするなど条件でアンロックされていくため、最初から全部の要素が解放できているわけではありません。

 

このタネは四季ごとに育てられるのが変わってきたり、他にも四季ごとに選べる特別な練習もあり季節を一番感じられるシナリオになっていますね。

 

実力主義!提供国際大学

f:id:makaido:20200711233855j:plain

歴代シリーズ的にはあかつき大学枠。

定期試験や試合で活躍するとスポンサーから機材の提供などが受けられて効果の高い練習をすることができます。

試合での条件が厳しければ厳しいほど達成すると見返りがものすごいことに!

シナリオ的にも導入部分は今までと違う感じこそありますが、それ以外は実力がものをいうシナリオらしい流れでしたね。

 

ちなみに提供国際大学は一番最初に選んだ育成の時に最終的に優勝することができて、最初にしてはなかなかの選手を育成することができました。

 

f:id:makaido:20200711235642j:plain

途中一度試験をミスってしまって機材のレベルを下げてしまったのが痛かった…。

あれがなければもう少し得能増やせたのになぁ。

打って守ってができれば相変わらず安定して高レベルの選手を作れそうなシナリオと思います。

 

運が重要!?エジプト大学

f:id:makaido:20200712000050j:plain

3つめのシナリオは古代エジプトのキャラがタイムスリップしてきた面白シナリオ!

エジプトでの練習は=建造となり目標はピラミッドを建造すること!

ピラミッドの建造度を上げることが基本的に最重要となり、いかにいい効果で仲間キャラの評価を上げていくかも重要になります。

途中でランダムに効果を上げる要素などがあり結構運に左右される面もありますね。

効果が高いけど成功率が低いものを選ぶか効果は低いけど成功率が高いものを選ぶか、その判断をうまく練習と織り交ぜていきながらやっていきましょう!

 

これも同じく最初に選択したときに最後までクリアすることができ、シナリオ的にも面白いなと感じましたね。

 

監督評価上げ→スカウト評価上げ

序盤はとにかく監督の評価上げを優先。

できるだけ休む回数を減らしつつ監督やメインキャラ達の評価を上げていくのを優先するのはシリーズおなじみな感じですね。

特にまずは試合に参戦して活躍しないと経験点も増えませんし、仲間の経験値的にもやはり可能な限り勝っていきたい。 

 

そして試合に出られるようになったらメインキャラ達の評価を上げつつスカウトを追いかけていくのが大事ですね!

 

意識的にスカウトの評価を上げていかないとプロ入りが厳しいことも。

 

実際に一番最初に育成した選手はプロを断念しサラリーマンに…。久しぶりに見た。

 

試合で活躍すればプロ入り自体のラインを超えると思いますが、プロ入りの指名順位が高いほどもらえる経験点も多いのでスカウトの評価は大切ですね。

基本的にどんどん作っていこう

パワフル農業大学のようにタネがアンロックされることもあるし、育成した選手をデッキに組み込んで新入生として登場させられるので最終試合に明らかに勝ちやすくなります。

 

f:id:makaido:20200712003729j:plain

レアな得能は活躍したりキャラの評価を上げて最終イベントなどでコツを得られることが多い。

 

勝てば勝つほど練習できる回数も増えるし、試合回数が増えるので経験点が目に見えて変わってきます。

ネット環境さえあれば他の人が育成した選手をダウンロードして継承選手として使うことも可能です(パワポイントが必要)

得能に特化した選手育成とかをしてくれてる人もいるので、その選手から取得のコツを狙って一緒に練習していきたいですね。

 

 まとめと感想

とにかく今はだいぶマシになってきたのですが、強振のミスショットが多くて最初は大変だった…。

個人的には結構ちゃんと芯に当てないとうまく飛んでくれない印象。

 

オールAくらいは安定できそうだけどオールSまではもう少し環境を整えないと大変かなぁ。

 

1人目は野球人生を終えてしまいましたが、その後無念を晴らすために頑張ってプロ野球選手を輩出し続けています。

 

現実のプロ野球も盛り上がってきてますし、しばらくはガッツリ遊んでいきたいですね!来週はゴーストオブツシマ出ちゃうけど…。

 

配信でもいろいろやっていくのでよかったら見に来てくださいね!

 

youtu.be

7月に発売するゲームタイトルで購入予定のものはコレ!

こんにちは、カイドです。

 

いやー、もう7月ですって。意味わからないレベルで時間が経つのが早くて怖いですが、早速7月に購入予定のゲームについて書いていきます。

 

 

 

 

 

7月購入予定のゲームは2本

eBASEBALLパワフルプロ野球2020(PS4/switch)7/9発売

 

f:id:makaido:20200702002900j:plain

なんだか隔年くらいの発売間隔に落ち着いてきた感のあるパワプロ最新作。

eBASEBALLと頭についてeスポーツ色をウイイレとか同様強めてきました。

 

今出ている情報を確認する限りはモードも多いし、細部に良くなっている点も多く、純粋に楽しいパワプロが遊べるのか!?という感じで期待感は強いです。ただ、発売後少しの間は結構バグとかが多かったりするのかなーと不安も。

 

こればかりは出てみるまでわかりませんね。

 

基本的にパワプロはサクセス多めにプレイしつつどのモードもまんべんなく遊ぶので今回みたいにモードが多いとプレイ時間もかなりかかりそう。オンライン対戦とかもデイリー的な感じでやれそうなのでそのへんもやる予定です。

 

動画配信に関して、まだパワプロ2020がどんな感じになるのかわかりませんが、コナミさんのよくある質問にあった内容を見る限りは収益化しなければプラットフォームのシェア機能を使ってYouTubeに配信したりするのは大丈夫そうなので、発売後はサクセスとかいくつか配信していこうかなとも思っています。

 

プロ野球も遅れつつ開幕して盛り上がってきてますし、ゲームでも盛り上がっていきたいところですね!

 

ゴーストオブツシマ(PS4)7/17発売

f:id:makaido:20200702004224j:plain


約1週間違いで発売のゴーストオブツシマ。出来ればパワプロとツシマにはもう少し発売時期がズレていてほしかった…。ツシマは発売延期して7/17になっていますが、延期前の予定も6/26だったのでどっちにしても大分近しい発売日でした。

 

パワプロにしてもツシマにしても結構長く遊ぶタイトルですからね。

 

ツシマはオープンワールドかつ高難易度なゲームで、僕個人のイメージ的にはアクション色の強い和風ウィッチャーという感じ。死にゲーとまではいかないのかもですが、難度の高いアクションもウリの一つ。

 

僕はオープンワールドのゲームって楽しくなるまで結構時間がかかるというか、気分がノッてくるまで時間がかかることが多いので、今回のツシマは早く楽しくなってくれると良いな…。

 

和風で高難度というとSEKIROや仁王など最近は当たりなゲームが多かったので、今回のも楽しめることを祈りつつ。ちなみにいわゆるコンシューマーで出てるメジャーな死にゲーは一通りプレイしましたが個人的な一番は今のところSEKIROです。

 

プレイ時間を考えると絞らないと厳しい

すでに足りてないプレイ時間ではありますが、この上記の2タイトルなんかを遊ぼうとしたら明らかに足りません…。今ですらゼノブレイドも終わってない状態でポケモンのDLCをやって初代ポケモン縛りで育成したりしているし。

 

おまけにFF14のアップデートもいよいよ8月11日に決まったということで当初の予定より約2か月遅れにはなりましたが、ついにパッチがくるぞと。なのでそこからは今以上に14ちゃんに時間をとられることに。

 

夏休み欲しい…。

 

さて、とにかく7月はこの2タイトルを買って遊ぶ予定なので、配信や記事などで色々面白さを伝えていけたらいいなーと思っています。

 

事故の怪我もだいぶ癒えてきて無理をしなければ普通に動けるようになってきたので、更新頻度も上げていく予定ですので、どうぞよろしくお願いします!

【雑記】最近の個人的なソシャゲ状況。

どうもこんにちは、カイドです。

 

今回は最近のスマホゲームのプレイ状況をちょっと書こうかなと思います。動画編集もしているので、そろそろ次の動画も投稿したいところなのですが、ちょっと編集作業がまだ慣れないもので大変で…。ちょっと息抜きがてら近況をまとめていきます。

 

ログインしているだけでなくちょっとでもプレイしているものをタイトル毎にまとめていきます!

 

 

 

 

グランブルーファンタジー

 

f:id:makaido:20200528232504j:plain

なんだかんだ一番やり込んでいるグラブル

6周年イベント等の大きな節目もひとまず落ち着いて、プレイ頻度や熱感的には個人的にだいぶ落ち着いてきたグラブル。

それでもやっぱりなんだかんだ一番プレイしているし、プレイすればとりあえず強くなる道筋は進めているんだという実感が(微々たるものでも)しっかりあるので、チマチマとプレイは続けています。

 

早くニーアちゃんを仲間にしたいのですが、200個て…。アーカルムは本当に今の所僕は苦痛でしかないので、改修するかもう全く別のものにしてくれたらどれだけ楽か。

 

まあ、色々こうしてほしいという部分はあれど、安定感がありますし、他のゲームに一時的にプレイ頻度で負けることはあっても一番やり込んでいるスマホゲーという位置づけは今の所安泰でしょうか。

 

FFBE幻影戦争

f:id:makaido:20200528233209j:plain

今の瞬間最大風速一番はコレ

しばらくはほとんどログイン勢で、ガチャ引くのが目的みたいになっていたのですが、少し前からガッツリプレイしているのが幻影戦争。

 

ただ、マゾいゲームだとは思っていたのですが、本腰入れてプレイしてみると本当にマゾすぎてビビる。なにこれ。

 

グラブルもマゾいはマゾいのですが、グラブルのマゾさとはまた違って、そもそもキャラを強化するのに強制ストッパーがあるというか、色々な部分で今はどうやってもこれ以上強化できませんよっていうのがあるのがキツイ。

 

後発とかはなかなか本当にしっかり調べて、武具とかも加味して育てるキャラも絞りに絞って、ってやらないと強くなるのは大変かも。よほどの重課金すれば別ですが。それでも武具とかはどうにもならないタイミングがありますけど(´ー`)

 

これも毎日コツコツやっていかないと強くなれないので、しっかりと時間があれば欠片なり秘伝書なり集めています。そろそろ実装されるグラセラは完凸したいぞ…!

 

アークザラッドR

f:id:makaido:20200528233949j:plain

毎日のノルマとスタミナ消費分くらいはプレイ中

デイリーミッションとちょっと進化素材集めたりとか、色々スタミナは消費するようにしています。このゲームはスタミナが本当に足らなくて、回復手段も限られているので一気にガッツリランクを上げるとかになると石を割りながらやっていくしかない。

 

ある程度は石も割ってたのですが、ちょっとランクも20超えたあたりでキャラもだんだん強くなってきたのでちょっと今は石貯めていこうと割るのはやめました。

 

イベントの挑戦権とかも開催中はどんどん配られているのでそのあたりはしっかりこなしていきたいですね。

 

ポケモンGO

f:id:makaido:20200528234417j:plain

対比で言うと一番プレイ時間を伸ばしたのがポケGO

なんといってもリモートレイドパスの追加が大きい。

 

そもそも以前からあんまりやっていなくて、たまーに遊んでいたくらいなのですがリモートレイドパスの実装によってやる気もやる頻度もアップ!毎日コツコツと遊ぶようになりました。レイドパス何度かエラーとかで無駄にしましたけど。

 

ようやくトレーナーレベルも30くらいの初心者なのですが…。というかなんでみんな当たり前のように40とかになってるんでしょう…。レベル40近い時のネクスト経験値とか何考えてるの?ってレベルで多くてちょっと想像できないくらいなんですけど。

 

普通にポケモン捕まえたりしたときにもらえる経験値、一桁足りてなくない?

 

ドラゴンクエストウォーク

f:id:makaido:20200528234853j:plain

イベントもなかなかやりこみ甲斐のあるものが多い

同じく位置情報系のドラクエウォーク。

 

はぐれメタルがんがん狩れる時とか前回のイベントくらいからちょこちょこプレイを再開。といってもまだ1個目の基本職が47とかそんなレベルですが。

 

一応最初に50とかになってしまえば引率で上げやすくなるって噂で聞いたのでとりあえず目指せ50でちょっとずつやっていってます。

 

イベントも前回今回とベースは同じ感じはありますが、初心者でもある程度は進めていけるし、イベント自体の作り込みもなかなかかなと。早く上級職になりたいので経験の珠割りながら頑張って雑魚狩ります。

 

まとめ

メインでプレイしているのは大体こんな感じ。

 

ちょっと少し前までロマサガRSをがっつり毎日やりすぎてちょっと今冷却期間というか。ログインは他にも色々しているんですけどね。スッパリやめちゃってもいいのかなとか思うんですけど、たまにやりたくなったりするので、そういう時にやめちゃってるともったいなく感じちゃうし。このログインボーナスとかってやつを考えた人は罪深いぜ…。

 

FF14ももちろんプレイしていますし、他にもオフゲーもやってます。

 

このブログを書き終えたあと日付が変わったらSwitchのゼノブレイドもDL版で遊ぶ予定ですからね!

 

FF14も配信、動画もまたやっていきますし、スターターパックの無料DLなんてのもあったので初心者の方とかが増えたりもしたのかも?とそういう記事も準備してたり。

 

需要が微々も微々たるものですが、細々とやっていきますので記事も動画、配信などもよろしければまた遊びに来てくださいね!

 

それではまた(´ー`)ノシ

【ブラッドステインド】レビュー!メトロイドヴァニアの本家がおくる硬派な横スクロールアクション!【PS4】

f:id:makaido:20200515041556j:plain

皆さんは、メトロイドヴァニアという用語をご存知でしょうか。

 

メトロイド』と『悪魔城ドラキュラ(海外名:キャッスルヴァニア)』の二つを彷彿とさせるような、ジャンルでいうと主に探索型2Dアクションゲームを指す用語です。

 

最近ではインディーゲームでもこうしたジャンルのタイトルも多く、開発の方もこの2シリーズに影響を受けて制作していることも多い人気ジャンルなメトロイドヴァニア。

 

その本家と言える『悪魔城ドラキュラ』の開発スタッフである五十嵐孝司氏が携わる新作がこの『ブラッドステインド リチュアル・オブ・ザ・ナイト』!今回はこちらをレビューしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

どんどん広がっていくアクションの楽しさ

『ブラッドステインド』は、メトロイドヴァニアのスタンダードタイプというか、こういったジャンルの教科書のようなゲームです。

 

アクションも最初は

・走る

・ジャンプ

・通常攻撃

・スキル

のベースがあり、それぞれシンプルなものしかありません。

 

でも進めていくと、それぞれのアクションが色々肉付けされていくんですよね。最初はジャンプも1回しか飛べませんが、2段ジャンプ、ハイジャンプと増えていくことで行ける場所も増えていきます。こういう探索の楽しみがこのシリーズの醍醐味の一つ!

 

f:id:makaido:20200515043807j:plain

アクションの手触りは◎

最初に訪れたときはマップで上に何か行ける場所あるなーとか、宝箱見えるのにとれねえとかって思う場所があったり、壁に壊せる隠しポイントがあってアイテムが拾えたりとか。隅々まで探索する楽しさも旨みもありますね!

 

他にもアクションは武器の種類が豊富で剣に短剣、刀、鞭、銃などなど大きくジャンル分けしても10種類もあり、それによってアクションが変わります。しかも、武器種や特定の武器によってコマンド技も。これは格ゲー的な(波動拳コマンドみたいな)のを入力すると特別な技が出るというもの。武器によって使いやすさも全然変わるので色々使っていくのも楽しいですね。

 

そしていわゆるスキル、魔法に分類されるのが『シャード』。これは悪魔を倒した時などに一定確率でドロップするスキルみたいなもので、普通に火の玉を撃ちだす感じのものから、悪魔を召喚して攻撃したり、使い魔を呼んで追従させたり。

他にもパッシブ的なステータス上げるエンハンス系とか、移動を補助するような特殊系とか本当にめちゃくちゃたくさんのシャードがあります

 

しかも、同じシャードを集めれば集めるほどグレードが上がって強化、敵が落とす素材を使ってこれまた強化とハクスラ的な強くしていく楽しみもあります!

 

f:id:makaido:20200515045728j:plain

シャードは敵を倒すとポンポン結構ドロップします

f:id:makaido:20200515045818j:plain

f:id:makaido:20200515045832j:plain

 

とにかくめちゃくちゃ種類があるので、手に入れたら一度使ってみるといいかもですね!コンプリート癖のある人はめちゃくちゃ大変かも(笑)

 

 探索できる範囲もどんどん広がる

上にも書いたジャンプも二段ジャンプができるようになるだけで行ける場所も増えるしアクションの快適さもググっと上がるんですよね。

ブラッドステインドはこの出来るようになることが増える=探索できるようになる場所が増えるのタイミングがなかなか絶妙。良い感じに慣れつつ新しいアクションを楽しんでいけます。

 

増えるアクションはジャンプ以外にもワープ、移動速度アップ、プレイヤーだけの上下を反転させるなど色々あります。

 

f:id:makaido:20200515194944j:plain

上下を反転させると…

f:id:makaido:20200515195010j:plain

この通り!

これによって本来はジャンプでも全然届かないような場所に行くことができるようになるわけです。これは探索としてはもちろん、敵によってはこれを使うことで安全に戦うことが出来たりもするのでそういう意味でも幅広い使い方ができますね!
 

探索もただ進むためだけじゃなく、宝箱だったり、敵が落とすアイテムだったり、色々と探索することでメリットもちゃんとあるのであーだこーだとウロウロするのが楽しいんですよね。

 

結構広いマップがどんどん埋まっていくのも楽しかったりします。

 

f:id:makaido:20200515201012j:plain

ちなみにマップは広いですがワープもありますのでご安心を

マップの赤い地点が回復&セーブポイントで緑がワープポイント。一度開通したらワープポイント同士なら自由に行き来できます。

 

ストーリー、収集もしっかり

探索がメインのアクションゲームといっても、もちろんストーリーもしっかりヴァニア!色々とシリーズらしさがあるというか、シリーズファンも納得できるゲームになっています。

もちろんこのブラッドステインド単体で遊んでも何一つも問題ないのでシリーズ未経験でも全然大丈夫です!

 

他にも、このゲームはとにかく武器やらシャードやら色々と要素が盛りだくさん!

 

f:id:makaido:20200515200456j:plain

数多くの収集要素があります。目指せ全部100%!

装備は買ったり作ったりするだけじゃなく、敵もどんどこドロップするので、普通に探索して敵を倒しているだけでめちゃくちゃ装備も集まります。でも結構装備たまったなーと思ってもなかなか収集率が上がらなかったり(笑)

 

装備とかシャードの組み合わせはセットとして登録しておいてショートカットで呼び出せば一瞬でセットの切り替えができるので、探索用、ガチ戦闘用、稼ぎ用、みたいに色々使い分けることもできます。

 

色々集めて、その上で自分なりの戦い方を探していきましょう!

 

買うなら今がオススメ!

なんで少し前に発売していたのに今この記事なのかというと、実はやりたいやりたいと思っていたけど、積みゲーが多くて買えていなかったんですよね。

 

ですが、今PSストアで開催中の

秘蔵の名作セール

store.playstation.com

 

にてブラッドステインドが30%オフになっていたので、今しかない!と速攻DLして今更ながら始めてみたら面白かったので!決してストアの回し者とかではございませんw

 

秘蔵の名作セールは2020/5/21まで開催中!

 

同じタイミングで別のセールも開催されているので、何かゲームしたいなーって人はブラッドステインドはもちろん、他のゲームも色々眺めてみると何かやりたいなーと思ってたゲームが安くなっているかもしれませんよ~!

 

シリーズ経験者がアークザラッドRを今更になって始めてみた話。

f:id:makaido:20200505204654j:plain

 

『アークザラッド』

 

PS初期~の名作RPGとして多くのファンから愛されているシリーズです。1が少しボリューム少なめかな?となってからの2の大ボリュームっぷりに当時驚いた人も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんなアークシリーズがスマホで帰還。『アークザラッドR』とアークシリーズについて。

 

 

 

 

 

 

アークザラッドシリーズについて

ボリューム面で少し物足りなさも感じる初代

最初はPS1時代に発売されたRPG。大作RPGと銘打ってリリースされたシリーズの1作目ですが、冒頭で書いた通りメイン部分のボリュームだけで考えると少しあっさり終わってしまう内容量ではありました。

 

開発の遅れなどがあり、とりあえず出来ているところまでをリリースしたというのが真相だったようですが(*_*)

 

RPGといっても、ジャンル的にはほぼシミュレーションRPGでいわゆるマス目上のフィールドで戦っていくオーソドックスなタイプのゲームです。

 

ただ、1の頃から育成的にやり込むことが出来たり、ストーリーの引きも強く、大作RPGらしさはビンビンに感じる事ができます

 

そしてこのアークは1から2にデータをコンバートして引き継ぐことが可能!(当時としては画期的な試み)

 

1のメインキャラクターはほぼ2でも主役として活躍できるのですが、コンバートの有無で強さに差が出るため、やり込むためには1で育成をしっかりして2に引き継ぐ必要があったのでした。

 

当社比数倍に感じる大ボリュームの2

ボリューム的にはあっさりめだった1と比較するとあまりに内容が増えまくった2。

 

1がカップヌードルなら、2は二郎系の大盛りでも出てきたのかな?ってぐらいの大ボリュームでした(個人的イメージ)

 

メイン部分だけでも結構なボリュームがありましたが、アイテム、装備の多さ、それらの強化要素、モンスターの育成、ギルド要素などゲーム内容もかなり盛り込まれました。レアドロップ品とかもあってやればやる程色々と遊びの幅が楽しめるゲームでしたね。

 

そしてストーリーも1の完全な続編かつ新しいメインキャラクター達も登場し、かなりスケールの大きな展開が楽しめます。結構設定とかにも重たい部分もあり、進めれば進める程にのめり込んでいくはず。

 

アークらしさというと色々あるのですが、戦闘もそうだし、飛空艇乗り場でのあのやり取りとか、音楽も素晴らしいし、戦闘中の掛け声とモーションもクセになるし…とにかく当時夢中になった人も多い人気RPGシリーズなわけなんですよ!

 

以降も3やナンバリング以外にもシリーズが

2以降もアークザラッド3や機神復活、精霊の黄昏など他機種やPS2などに移しアークシリーズはリリースされています。

 

ただ、僕は2以降一切シリーズに触れていません。

 

だって、僕の中でアークザラッドは2で完結しているんですもん…。

 

いや、もちろん記事とかで見たこともありますし、3とか機神復活とか色々そのシリーズの良さもあるのはわかりますし、遊べば面白いんだろうなぁと思ってました。

 

ただ、僕の中ではやっぱりアークザラッドはアークの物語というか。結末としてはああいう結果になりましたが、やはりアークの物語は一区切りついたと思うんですよね。だから、その後とかを描いたものがあっても、(あくまで個人的に)後付けみたく思えてしまって、手を出せなかったんですよね。

 

アーク2以降に関して話は逸れて

アークに関してだけじゃないのですが、こういうパターン結構ありまして。

 

完結したと個人的に納得していた作品に対してその後が描かれた作品が出てきたとしても、なかなかその作品に触れられないんですよね。

 

例を挙げますと、王道的なところで魔王を倒してめでたしめでたしとなってゲームをクリアしたのに、2では前作から数年後、再び世界の平和を脅かすものが…みたいのあるじゃないですか。

 

平和の期間短すぎやしないかと。

魔王倒したの無駄かと。

そんなオリンピックみたいな周期で世界が危機に陥ってたまるかいと。思うわけなんですよ。

1のキャラクターがそのまま続投とかだと更にキツイ。せっかく頑張ったのにまたひどい目に…みたいな。せっかくハッピーエンドで幸せを手に入れたんだから、そっとしておいてあげてよ…的な。

 

作品によって全然状況が違うので一概にこういうケース!と言えませんが、とにかく、一度畳まれた(と個人的に感じたもの)がもう一度広げられるのがあんまり得意ではなくて、その作品に触れることがあんまりないんですよね。

 

そんな中リリースされたアークザラッドR

2018年の8月と約2年前にスマホゲーとしてリリースされた『アークザラッドR』

 

前述の通り一区切りついているという感覚があったし、そもそもコンシューマーゲームがスマホゲーになるということに複雑な感情を抱いているので(ワイルドアームズェ…)アークザラッド自体には興味はあったものの、スルーしていたんですよね。

 

そこにきて、なにやら風のうわさでアークRのストーリーが今結構アツいみたいなことを聞いたのですよ。

 

ネタバレされない程度によくよく調べてみると、ほぼアーク2の続編みたいな位置付けと。そしてアークとかも関係してくると。

 

もう、本来であればアークが出てきたらダメでしょ…ってなるところなんですが、評判がいいということは、納得できる何かがあるのか?ただの後付けじゃなくてちゃんとしてるのか?と期待してリリースされてから2年近く経ってからインストールしてプレイ開始してみました

 

アーク1、2のファンなら確かにニヤリとするかも

プレイしてみると、なるほど確かにアークっぽい。いや、アークなんですけどw

 

細かい部分はスマホゲー向けに改良されていたりしますが、作品から感じる空気とか色々確かにアークザラッドしている。そもそも主人公達は新キャラですが、結構最初っからアーク1,2のメインキャラガンガン登場しますしね。

 

飛空艇の搭乗口で掛け合いがあったり、戦闘中キャラを飛び越えたり、音楽だったり、遊んでいて懐かしい気持ちになりました。通常攻撃モーションが1発しかないのはちょっと不満ですけどw

 

注目のアークとククルに関しても、操作キャラとして使える理由はキャラクエストで少し見ましたが、まあまあ、後付けだけども理由としては納得できないでもない。ん?って部分は少なからずありますが!

 

今実装されているストーリーの中盤過ぎあたりまでプレイしましたが、ツッコミどころはあれど、続けていってみようかなと思える内容でした。早くアツいと言われる終盤をプレイしたいところ。

 

このアークR、リリースされて結構経っているのに、スタミナが全然足らないんですよねw

 

最近のスマホゲーはスタミナ回復とかジャンジャン配って、回復を待つ時間なんてないものが多かったりするのでちょっと意外でした。

 

キャラの育成とかもスマホ向けに色々できるようになっているので、スマホのRPGとしてもオーソドックスなのが好きな人は楽しめると思います。

 

まとめ

まだ実装されているストーリーを全部プレイできてはいませんが、中盤まででもアークザラッドのメインキャラの出番が多く、そして進めるにつれてキャラ同士の掛け合いも増えてくるためファンは嬉しいですね。

 

コンシューマーゲームで大ヒットしたシリーズの最新作がスマホで…っていうのは複雑な感情がエクスプロージョンですが、それでもシリーズに触れた人であればプレイしてみてもいいのかもと思います。

 

最後までプレイして納得できなかったら手のひらクルーしてまた記事を更新しますw

 

スマホゲーの評判を聞き入れて、1,2をセットでリメイクとかしてくれたら大喜びなんだけどな~。どうでしょうか…。

 

play.google.com

 

光と音のRPG アークザラッド R 【アーク R】

光と音のRPG アークザラッド R 【アーク R】

  • ForwardWorks Corporation
  • ゲーム
  • 無料

apps.apple.com