げーむろぐ。

ゲームショップに勤めるゲーマーがゲームについてだらだら語るブログ。

【ライザのアトリエ】トロコン攻略完了!取得が面倒だったトロフィーは?

ということで!ライザのアトリエ、無事にトロコン完了\(^o^)/

 

f:id:makaido:20191015054006j:plain

プラチナトロフィー取得の瞬間はちょっと達成感ありますよね

大体トロコンまでは45時間前後くらいかな?というところ。

ちょっと途中放置しちゃったので少しプレイ時間的にはズレちゃってるんですよね・・・でも大体それくらいかなというところ。

基本的にはそこまで注意が必要なトロフィーもなかったですが、ちょっと面倒かな?ってのをいくつかピックアップ。

これからプレイする際に、参考にしてみてください\(^o^)/

 

 

 

 

免許皆伝

f:id:makaido:20191015054431j:plain

シリーズ恒例のレベルカンスト系トロフィー

ちょっと意図的に上げていかないと取れない錬金術99。

バトルレベルは50でカンストのためボスと戦ってたりとかすると自然に50になっちゃうんですが、錬金術は最大レベル99。

ジェム稼ぎで結構賢者の石とかコツコツ作ったりしてたんですが、最終的に99までちょっと意図的に稼ごうとしないと足りませんでしたね。

序盤から必要なもの以外そこまで何度も作ったりしてなかったので、そういうので何回も調合してるとまた違ってくるのかも。

ジェム稼ぎはクリア後べらぼうに楽に稼げるようになるので、稼ぐの自体はクリア後の方がはるかに楽です(´ー`)

 

アルケミーマイスター

f:id:makaido:20191015054938j:plain

レシピ全習得も錬金レベルとトレードオフ的なところあります

結局全レシピ習得しないといけないので、片っ端から作っていくことになります。

その際に結構レベルは上がっていきますね。

ただ、全部の習得なので、レシピさえ覚えてしまえば取得は可能。とりあえず派生で覚える系を潰していけば問題なく取得できそうです。

宝箱からレシピ取得もあるので、取れない場合はその辺の洗い出しをしてみると良いかもですね!

 

島の人気者

f:id:makaido:20191015055335j:plain

ちょっと今回クエスト関連が面倒でした

島の人気者はとりあえずひたすらクエストクリアしてこなしていくと取材を受けるイベントが発生してそのまま取得の流れ。

結構細かいクエストが多いので序盤からチマチマと進めていったほうがいいですね。

今回のクエストは今までと違って受付に納品して終了~みたいな感じじゃなく、各地で発生するのと納品以外も色々種類が増えました。話を聞くだけで終わるものも。

ただ、それがちょっと面倒で、特に序盤はクエスト受けに行こうとしてその場所にショートカットで飛ぼうとするとイベント発生>イベント終わったら違う場所に飛ばされる>もっかいその場所行こうとすると時間外でいない、なんてことも。

クエストの依頼人が夜とか時間によってはいなかったりするんですよね。

クエスト受けor報告に行って夜中で依頼人いない!って結構ありました。まあ、時間ちゃんと確認すればいいだけなんですが\(^o^)/

今回時間制限もないし、そもそも日付というものがゲーム中で意識することが皆無なので依頼人はずっといてくれてもいいのに・・・。

 

失われた錬金書

f:id:makaido:20191015060231j:plain

クエスト進行の最後にゲットするトロフィー

これもクエスト関連。

シリーズおなじみのパメラさん関連のクエストを進行していくとラストに取得できます。結局クエストを全部やらなきゃいけないという感じなので、クリアできるやつは地道にこなしていきましょう!

これを取得する頃にはほぼコンプしてるかな・・・?

 

 

まとめ

ということで以上がライザのアトリエでちょっと取得が面倒だったらトロフィーになります。

アトリエ系はストーリー系とかでの取得も多くて、普通にクリアするだけでも結構パーセンテージ上がったりするんですよね。

ただ今回は〇〇エンドみたいなキャラ毎のエンディングとかがなかったので、よりストーリー依存なトロフィーが多かったかも。

ゲームをやりこむ上でのちょっとした目安、指針にもなるトロフィー。達成感もありますし、気に入ったゲームはトロフィーコンプを目指すのもたまにはいいかもしれません(´ー`)

ドラクエウォークの今後こうなったらいいなぁと思うこと。

どうもこんにちは!ドラクエウォーク、チマチマやってます。といっても、全然ガッツリは出来てなくてレベルも20後半に差し掛かったくらいでなかなか装備更新もできず。やりこんでる人のを見ると驚愕する毎日。

そんな中でも今までドラクエシリーズをやってきた自分がドラクエウォークを遊んでみて、こうなるといいなぁ、こんな機能あるといいなぁってのを挙げてみました。一気に列挙していきます!

 

f:id:makaido:20191010020616j:plain

戦闘もしっかりドラクエしています

 

 

 

 

システム関連

・戦闘の倍速、エフェクトカット機能

・モンスター図鑑の報酬をまとめて得られるように

・オートバトル時に優先、非優先スキルの設定

・walkモード時に回復スポットのみ取得できるモードが欲しい

・GPS精度を高める

 

バトル、アイテム関連

・こころの個性をもっと序盤から色々出るように

・こころの効果UPがもう少し感じられるように

・もう少し各職業で特技など覚えられてもいいかも

・ボスバトルの位置をもっと増やす

 

 

以上を踏まえて今後の妄想

今現時点でもドラクエウォーク、楽しめているんですがちょっと仕様としては面倒というかもっと簡略化できるでしょ?って面も多いですよね。

細かいアップデートは今後実施されていくと思うのでその辺は期待。

あと上のモンスターのこころは、結局コスト高いやつが正義というか一部MP回復みたいな有用なこころはあるにせよ基本はコスト高いの突っ込めばおk。

ではなくて、もっと序盤からたとえばつめたいいきが使えるとか、対ドラゴンダメージ+とかみたいな色々使える要素があってSにしたらそこそこ使える、みたいな感じだといいなぁとか。

いずれ・・・みたいなレベルでいえばこころだけじゃなくてモンスター自体を仲間にして育てられたらやりこみ度やばそうだし、いずれ来るであろう上級職とか含めるとバトル関連だけでも展開はいくらでもやりようはありますよね。

それこそモンスター仲間にできるのを拡張していけば対人要素としてモンスター同士で戦わせるなんてこともできるわけで色々と夢が広がります。

ドラクエ自体が今まで蓄積してきたコンテンツというかドラクエらしい遊びみたいなものがまだまだたくさんあるので、今後の展開に期待しちゃいますよね~。

現状はまだリリースされたばかりでこれだけ楽しめるのはさすがドラクエという感じですし、ボリュームやそのゲーム性からもオンラインゲーム的な楽しみもあります。

今後どういう方向に拡張、進化していくのかはわかりませんが、今の楽しさのまま、横も縦も遊びの幅が順調に広がっていくといいですね!僕もチマチマ遊んでいきます(´ー`)

 

しかし、☆5装備でても防具ばっかりで武器が全然でないのどうにかなりませんかね・・・いい加減ギガスラ撃ちたいんですけど\(^o^)/

【ライザのアトリエ】序盤レビュー。感じる変化。今までのアトリエとは違う魅力が?【感想】

発売前から話題沸騰のライザのアトリエ発売から約一週間。出荷+DL販売数が既に15万本を達成しており、シリーズ最速の初動なんだとか。

シリーズ経験者はもちろん、ライザでアトリエデビューした、もしくはデビューしようとしている人も多いのではないでしょうか?

ということで今回はライザのアトリエの序盤から中盤にかけてプレイした感想を。参考になれば幸いです(´ー`)

 

 

 

 

まず、ライザのアトリエとは

アトリエシリーズは基本的に『ザールブルグ』や『アーランド』シリーズなど2,3作ごとにまとまったシリーズとして作られています。

f:id:makaido:20191005063214j:plain

新シリーズ1作目のライザのアトリエ

ライザのアトリエはシリーズとしては完全新規の位置づけとなります。なので、前作を遊んでいないと・・・なんてこともなく久しぶりのアトリエシリーズ、初めてのアトリエシリーズとしても丁度いいですね。

大体のパターンとして新しいシリーズが始まるときはシステムなども結構刷新されることが多く、ライザもかなりシステムなど新しく変更されました。

アトリエシリーズのベースとして主人公が錬金術を学んでいき、目標に向かって錬金術士として成長していくゲームとなっています。作品によって物語のスケールの大小はありますが、おおむねこんな感じ。

 

物語の第一印象は結構変えてきたなという感じ

まず、発売前から話題になっていた通り、ライザをはじめキャラクターはとてもいいですね!3Dモデルでも可愛さがしっかりと表現されています。

f:id:makaido:20191005064048j:plain

Twitterで太もも注目を浴び爆発的な話題となったライザ

今までのシリーズの女の子は全体的に華奢なイメージの子が多く、その今までとのギャップもあり、発売前から注目を集めていました。

そのキャラクターに惹かれたのは間違いないですが、ストーリーや周りのキャラクターの印象が従来のシリーズと比べて結構違いますね。

まず、今までのシリーズと違うのは見せたくないものもしっかりと描写しているということ。

今までのシリーズでも嫌なことや、悲しい事、見たくない事など色々ありましたが、その辺は何というかいい意味でうやむやにしてたところがあると思うんですね。ふわふわした雰囲気で進んでいくというか。

それが今回はもう序盤から結構しっかりと描写されています。閉鎖的な村に住むライザが抱える葛藤が。嫌なこと言われるし、嫌なキャラクターは出てくるし。

この辺の下地や道中のイベント経過をみる限り、今までのアトリエよりもどちらかというと少年マンガ的なイメージで進んでいく感じ。シリーズでいうとマナケミアなどに寄っているかな?

ただ、そんな閉鎖的な村だからこそ、ライザが錬金術と出会い、変化していくのがとても王道的。そして村としては閉鎖的なんですが、舞台は南の島といった感じで綺麗な個所も多く、視覚的には夏休みのバカンスのよう。セミの鳴き声にイラっとしないのは初めてかもしれません。

ストーリーは中盤にかけてだんだんとスケールも大きくなってきており、また最後まで終えてからトータルとしてレビューしたいと思います。

 

バトルスピードはシリーズ最速!?

最近のシリーズからガラリと変わったのがバトルシステム。ほぼ全てのシリーズでターン制のコマンドRPGだったのが、今作はリアルタイムバトルに。

といっても難しいことはなく、コマンドを選ぶのは変わりません。言ってみれば某国民的RPGのアクティブタイムバトル的なもの。自分の番がきたら行動を選ぶというものです。

自分の番といいましたが、操作キャラはボタン一つで変えられるので、例えばライザを操作して味方を強化するアイテムを使ってからそのキャラに操作を変えて自分で技を選択、なんてこともできます。

もちろんこんなことしなくても、自分以外のキャラは勝手に動いてくれるので戦闘は本当にサクサク進みます。

 

f:id:makaido:20191005071652j:plain

左のバーのアイコンが下に降りてくると行動の順番がくる仕組み

f:id:makaido:20191005071822j:plain

仲間キャラはアイテムを使って!など戦闘中に条件が発生します

この条件を満たすと追撃が発動!バトルを有利に進めるテクニックの一つです。

画面右のAPは通常攻撃や敵の撃破などでたまっていく、たまっていくとタクティクスレベルが上げることが可能。タクティクスレベルが上がるとためられるAPの最大値が上がったり、スキルに追加効果がでたりとバトルをさらに有利に進められます。

こういった追撃要素や、タクイティクスレベル、ブレイクなどバトル要素をうまく活用して戦えると忙しくもあり、バトルが楽しいですね。

個人的にはタクティクスレベルはもう少しうまい感じにできたかなーとも思いますが、遊んでるとすぐ慣れます。

あんまり仲間を強化しすぎてしまうと大味なバトルになってしまうので戦略性のあるバトルを楽しみたいなら、強化はほどほどにしておきましょう(笑)

 

調合は奥深くやりごたえのあるシステムに進化!

調合システムはシリーズごとにシンプルなものからパズル的なものまで色々変化してきましたが、ライザの調合はとても奥深い!

素材の投入回数が決まっている中でどの素材を投入していくかで特性や効果、品質が変わっていくのはもちろん、そこから別のレシピに派生したりするので強力なアイテムを作るにはそれらも駆使して素材を選んでいかないといけません。

しかも、今作の一番頭を悩ませるのが、一度作成したアイテムに素材を追加して更に強化できるということ!

f:id:makaido:20191005073409j:plain

今作一番面白いかもしれないのが調合

このアイテムリビルドにより作成したアイテムをさらに強化することが可能!

ただ、当然際限なく強化できるわけじゃなく、アイテムに設定されたアイテムレベルが素材投入のたびに属性値+1分上がっていってしまい、それが錬金レベルを超えてしまうと作れなかったり、キャラに装備させてもステータスが満たないと使用できなかったりと強くするだけコストも高くなるというわけです。

これにより、どの素材を入れて、どこで一度投入をやめて、など作りたい完成の形によって作り方が工夫できるんですよね。

この調合システムがやりこみ心をくすぐってまさに錬金術士な楽しみ方ができます。あ、この素材の投入ですがめんどくさい人のために持ってる素材を自動で入れて作ってくれるおまかせなんてのもあるので調合だるーなんて人も安心です。

 

まとめ

今までのシリーズと比較してみると結構大きな変化を感じられるライザのアトリエ。

新シリーズ一作目ということで初心者の方にも始めやすいアトリエとなってますので、なんか話題だけど、やったことないしな~って方にもオススメです(´ー`)

 

 

ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ PS4版

価格:7,722円
(2019/10/5 07:56時点)
感想(3件)

 

【封入特典付】【Nintendo Switch】ライザのアトリエ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ 通常版 コーエーテクモゲームス [HAC-P-AT8AA NSW ライザノアトリエ ツウジョウ]

価格:7,413円
(2019/10/5 07:57時点)
感想(0件)

【全ルートクリア】AIソムニウムファイルレビュー。打越さんの作品の中でも一番好きかもしれない。【軽微なネタバレあり】

9月19日にスパイク・チュンソフトさんから発売された『AI:ソムニウムファイル』のクリア後レビューです。ストーリー等に関してはネタバレしませんが、公式で出ているような情報や、ちょっとしたゲーム全体の雰囲気、打越さん作品関係で少し今作にも触れたりするので軽微なネタバレありとしています。1ミリも内容を入れたくないという方はクリア後また来ていただけたら嬉しいです(´ー`)

 

 

 

 

 

 

AI:ソムニウムファイルの個人的点数【95】点!

f:id:makaido:20190924020746j:plain

 

いやー、面白かった!最近アドベンチャーゲームをプレイする機会が減っていたのでプレイ前はちょっと最後まで遊べるかな・・・と若干不安な気持ちもあったのですがプレイしてみたらクリアまで寝る間も惜しんで遊んでしまいました。それくらい熱中できた。アドベンチャーらしいアドベンチャーが遊べたなという感じ。

個人的な好みを加味していえば100点をつけてもいいくらいではあるんですが、ちょっと部分部分でゲームの処理的な意味で重くてテンポが悪い箇所があったり(ゲームのテキスト自体のテンポはものすごい良いです)、いいキャラなのは間違いないのですが応太にイラっとしたり、今後の作品への期待も込めての5点です。

アドベンチャーゲームが好きな人はもちろん、前述の通りちょっとアドベンチャー系のゲームから少し離れてた人もぜひ遊んでほしい、そんな一本でした。

 

今作の良かったところ

まず、ストーリー。打越さんの作品では結構オカルト系とかSF、超常現象というようなこともお話に入ってきますが、そういうのが好きな人はぜひやるべきですね。

今作も事件の捜査のために、対象の人物とシンクして夢の中に入り、事件のてがかりを探すことになるのですが、これもうまくお話とゲームシステムが絡んでるなーと。何回か泣いちゃったよ。

そして所謂テキストを読み進めるパートとソムニウムパートの切り替え、テンポがものすごく良いんですよね。このテキストのテンポの良さが一気にクリアまで行けた要因かも。やめどきに困るタイプのゲームですこれは。

こう、1章とか同じお話が長ーく続くタイプのものってだんだんだれたり疲れたりすることもありますが、場面切り替えがスムーズでいいところで切り上げて次に行くので自分の興味が薄れる前に次に行けるんですよね。このテンポ感はさすが!

この手のゲームはネタバレできないので話の中身には触れられませんが、ルートを進めていくごとに「こいつ怪しくね?」ってのが色々出てきつつ、それらを納得させる回収の手法は良かった。そして特に次回作を匂わせたりせず、ちゃんと綺麗に本作1本でまとまっているので、そこも安心ですね。

そして同じく大事なキャラクターですが、これもでした。

コザキユースケさんのイラストが可愛いのはもちろんですが、キャラの個性とか声とか諸々良い。アイボゥ可愛すぎかよ。というか月並みですけど、皆良いキャラです。本当に。

あせとんちゃんことイリスも可愛いし、みずきも生意気だなと思ってたら最後泣かされたし、ボスも良い人だし、瞳は幸せにしてあげたいし、ホワイトな組織の組長、猛馬もまさかこんないいキャラだとは思わなかった。

あと応太は母ちゃん大事にしないとぶっとばすかんなマジで

メインサブ含めて魅力的なキャラばかりで、やっぱりキャラって大事だなって思いましたよね。

そして何より主人公である伊達がスゲー良いキャラしてるんだ。

ミステリアスでクールなやつかと思ってたらそんなことはなかったぜ!いや、カッコいい場面もかなりあるんですけどね。基本熱い男だし。

ただ、それ以上にネタというか下ネタというかお笑いな要素がめちゃくちゃ多い。熱海行こう。でも、それがあるからこそ物語全体の空気感がじめじめしなかったというか起きてる事件的には凄惨な場面もかなりあるのに、伊達にかなり救われてるところはあります。

この辺はもっとシリアスで重い雰囲気が好きな人には評価が分かれるところかも。ちょ~っと能天気~。

とにかくキャラクターは好きな子ばっかりでした。アイボゥがマジで欲しくなるので早く技術の完成を急いでください。切実です。

それからゲームシステムも基本的に親切にまとまってます。クリアまで特に迷うことなく行けるんじゃないかな。オートやスキップ、フローチャートなどアドベンチャーらしい基本要素はバッチリ。

トロフィーのためにちょっと色々探すときに少し手間取ったくらいかな。流れ的にはエンディング>ほかのエンディングって感じで進んでいけるので何周もしないといけないっていうか1周の途中途中に個別エンドがある感じです。

ソムニウムパートも色々ワードを取る順番とか考える部分もあったりして、それが少しゲーム性を高めている感じ。最初ちょっと面倒なのかな?と思いましたが、そうでもなかったです。

あんまり話の内容に触れるとネタバレになってしまうので、ちょっと話していい部分とダメな部分の選定に困るところなので、とりあえず良いところはこんな感じ。

ちなみに自分のトロコン時点ではプレイ時間は約25時間程。すげー早く読んだり、もっとじっくり読むと変わりそうですが、基本はクリアまで2,30時間って感じですかね。

 

今作の気になったところ

では、お次は気になったところ。

といっても95点つけてますのでほぼ不満はないんですけど、強いて言えば冒頭で書いた動作が重いのについて。

収集のためや、ちょっと気になる部分を読もうとして戻ってスキップしたりするときにスキップしてるのにちょっと待つ時間とかちょこちょこ出てくるんですよね。

後は気になったとかではないんですけど、最近の打越さんの作品だといわゆる謎解きがコンテンツのメインの一つである作品が多かったのでその部分に魅力を感じてた人は今作はちょっと肩透かしを食らうかなと。

自分も謎解きは好きですけど、こういうアドベンチャーメインのゲームも良いなと思うのでこれはこれでベストな形の一つかなと思います。

お話の良し悪しは好みの問題も多分にありますし、Z指定のゲームなのでしっかりグロな部分はしっかりグロしてるのでそういうのが本当に苦手な人はやめたほうがいいと思います。本当に個人的にはそれくらいかなぁ。

 

まとめ

結構内容に関して褒めてばっかりでしたが。この手のゲームは好みと、あとはゲームをゲームとして楽しめるかどうかってかなり重要だと思うんですよね。

例えば、内容は省きますが敵との戦闘シーンが何度かありまして。

雰囲気はともかく実際はかなりギャグというか突っ込みどころも色々あるんですけど、そこで「いやいや、どういう状況だよこれ」って突っ込んじゃう人なのか、「どうしてwww」って楽しめるのかどうか。前者の人はちょっと楽しめない部分もあるかもしれませんね。

言うまでもなくこれはゲームです。色々とオカルト関連のリアルネタも入っていてそういうのが好きな人なら楽しめる点も多数ありますが、大前提としてゲームを楽しむ心があるかどうかという。

 

もし、プレイ前のあなたがこれを読んで、ゲームを楽しむ心を持っているのであればぜひプレイしてみてください。アドベンチャーゲームとしてオススメできる1本です。

 

www.spike-chunsoft.co.jp

【FF14】パッチ5.1は10月下旬とのこと。つまり・・・?その他雑記。

どうも!いよいよパッチ5.1近づいてまいりました!

今日はその話題と14に関する最近のこととか諸々込みでのお話。

 

 

 

 

パッチ5.1はいつなの?

公式発表でパッチ5.1は10月下旬になると発表がありました。

いよいよか~!!とテンション上がりつつ、実際の日程は・・・?普通に考えたらパッチ実装日はほとんど火曜日であることが多いため(例外もあり)有力候補としては10月22日か29日になるわけなのですが、ちょっと22日に注目してみましょう。

 

f:id:makaido:20190920013737j:plain

 

ピンときた人もいるかもしれません。今年の令和元年のみ10月22日は『即位礼正殿の儀』が行われる火曜日が祝日でお休みになるんですよね。今年だけということで知らない人も結構いるかもしれません。

それを踏まえて考えると29日が濃厚な気がします。火曜日の祝日がそもそも直近でいうと少ないのであれですが、基本的にそういったケースが少ないので。なので10月29日と予想するとあと約1か月ということになりますね。ペルソナ5R ともろ被りやないか!

 

5.1でも24人レイドや横のコンテンツ増加など色々追加予定

目玉の一つであるニーアオートマタとのコラボであるクロニクルクエスト

『ヨルハ:ダークアポカリプス』(24人レイドダンジョン)や

過去最高の評価を得ているメインストーリーの続きがどうなるかも気になる。

そして蛮族クエストはピクシーに決まったようですね。妖精ということでなんとなくふっちと被るというか面倒なクエストはやめてくれと今から念じておこう・・・。他にもギャザクラの改修やイシュガルド復興、お得意様追加、ゴールドソーサーの追加などコンテンツ系のアップデートから、フェローシップといった遊びをサポートする新しいシステム面の追加まで色々と新要素がきます。

そしてバトル民としては極や絶も早くやってみたいですし。※絶は5.1の2週間後の実装予定だそうです。

ジョブ関連の調整も色々入りますし、忍者や召喚のようにプレイ感覚が変わってくるレベルの変化はないかもしれませんが、各ジョブ色々変わってくるのかな~。タンクは無風な感じがスゴイ~^

 

今現在のプレイ近況と今後

僕も含めて結構とりあえず零式やって、幻想貯めて、その日その日で何しようかな~みたいな人結構いると思うんですよね。もちろんやることはたくさんあるんですけど。ある程度大きな目標を達してしまった分、少し宙ぶらりんになるのは仕方ないというか。

だからこそ、次の極コンテンツが結構難しいやりごたえになるとのことなので楽しみ。零式2層~3層の中間くらいになるんでしょうか。楽しいバトルになるといいな。

結構零式とか他の人の手伝いとか他のゲームとかで少しレベル上げサボってたんですが、最近再開して竜が80に!残りは途中まで上げたヒラ80にしないと・・・。エクストラクエストもやっておきたいし、やること自体はたくさんあるんですけどね~~~。漆黒が良すぎてちょっとクリア後は若干燃え尽きてた感じがあるのでそろそろ気合入れなおさないと!ヒラもあげて金策もして!諸々準備するぞ~~\(^o^)/

発売ゲーム個人的ピックアップ!【9/12~9/20】

さて、9月も後半に差し掛かり、これからだんだんと年末の足音が聞こえてくる季節になってきました。本当に一年って早いんだなぁ・・・。

さて、今年も年末にかけてビッグタイトルが控えていますが、すでにタイトルの大きさ的には結構発売ラッシュが始まってきた感じ。さてそれでは発売したゲームと来週発売のゲームの中で個人的に気になるものをピックアップ!

 

 

 

 

9/12発売 eFootballウイニングイレブン2020

まず先陣を切って登場したのがサッカゲームの代表格、ウイイレ。

最近では日本でもFIFAが定着してきたことによりパワーバランスがだいぶ変わってきたサッカーゲーム界。今回もそんなに爆発的なものは秘めていないものの、ゲーム部分の進化、ゲームが上達するほどに気持ちよく遊べるプレー感覚はウイイレならでは。

これまで以上にゲームでサッカーをする楽しさというのが詰まっている一本という印象ですね。これはもう定番の1本という感じなので、ファンは買うって感じでしょうか。

www.konami.com

 

9/13発売 ボーダーランズ3

そしてウイイレ翌日に発売のボダラン3。FPSでRPGなボーダーランズの新作が発売!シューティングRPGかつハクスラという最近では少しずつ増えてきたジャンルですが、やっぱりボダランのシンプルな面白さとキャッチーな世界観は「こういうのでいいんだよ」ってなるゲーマーも多いはず。

この週発売のタイトルの中ではお店でも一番動いたタイトルでした。予約じゃなく通常販売分も売り切れるほど。最近はこういうゲームもかなり一般化されましたしね。僕もゲームがつまってなければプレイしたいところ・・・\(^o^)/

borderlands.com

 

9/13発売 デモンエクスマキナ

同じく13日発売のデモンエクスマキナ。闘争を求めるファンがSwitch本体ごと買っていったりもしました。それだけこのシリーズというか、アーマードコアを求めている人達が多いということでしょう。アーマードコアじゃないけど。

ACをよりアニメ調にした感じのテイストですが、アクションの面白さ、展開の熱さ、爽快感などは鉄板かなと。前述の通りSwitchごと買ってもいい出来ですね。僕もFEルナティック終わったらやります。多分・・・。

dxm.marv.jp

 

9/19発売 AI : ソムニウム ファイル

ここからは来週発売タイトル。まず個人的に推したいの打越鋼太郎氏の新作AI。

アドベンチャーゲームの作り手としてギミックというか遊び手を驚かせるようなものが印象的な打越さん。あんまりプレイしながら色々探り過ぎても良くありませんが、今作はどんな驚きが仕掛けられているのかかなり楽しみです。

今作もお話自体の面白さと捜査パートの面白さとどちらもアドベンチャーらしい面白さが味わえそうですね。プレイ時間的にはマルチエンドなので遊び方にもよるかもしれませんが30時間前後くらいで終わりそう。翌週までに終えられるか・・・?

www.spike-chunsoft.co.jp

 

9/20発売 ゼルダの伝説 夢をみる島

ゼルダの伝説 夢をみる島がゲームボーイからSwitchへリメイクで登場!

リメイクで絵柄は3Dかつポップな感じになって今までにないゼルダという感じ。ブレスオブザワイルドのように広大なフィールドを冒険ではなく、ステージというかダンジョン毎にクリアしていくタイプなのでプレイ時間もそこまではかからなそう。

ゼルダなので出来は安心して楽しめますね!ゲーム性とかもマリオ的な感じがあるというか。やりこみで色々遊ぶことはできると思いますが、前述の通りある程度集中して遊べばサクっといけそうではあるので、ゲームスケジュールが詰まった人でも気分転換に遊んでもいいかも?

www.nintendo.co.jp

 

振り返り

ということで個人的に買うゲーム買いたいゲームをピックアップしました!時間が無限にあれば全部やりたいんですけどね!!これ以外にも色々ゲーム自体は出ますし、メインなタイトルではないけど『リーサルリーグブレイズ』とかも買いましたし、年末にかけて遊ぶゲームには困らなそうです。他にも9/20にはSwitchライトも発売しますのでSwitchユーザーも増えるかもしれませんね。ゼルダとかは相性良さそうですし。

そして来週もまだまだビッグタイトルが控えていますので、クリアペースも早めていきたいところです!ゼルダもやろうか迷いつつ、それではまた!

ドラクエウォークサービス開始!どんなゲーム?リセマラは必要?

はい!ということで9月12日に正式サービス開始となった

ドラゴンクエストウォーク、通称ドラクエウォーク。ポケGOのような位置情報ゲームとしてまさに新しいドラクエが楽しめるドラクエウォークをプレイ開始!

今までのドラクエシリーズはナンバリングは10を含めて全てプレイしていますし、やっぱりアプリとはいえ正統寄りなドラクエは気になっちゃいますね!

それでは第一回目はまずはどんなゲームなのか?をメインにご紹介していきます(´ー`)

 

 

 

 

 

ドラクエウォークはスマホアプリの歩いて楽しむドラクエ

まずドラクエウォークは基本無料のスマホアプリゲーム。ゲーム内で課金することは出来ますが、基本的に無料で楽しむことができます。内容してはポケモンGOのように現実のマップをドラクエの世界観に見立てて、移動することでその世界を冒険していくシステムとなっています。

 

f:id:makaido:20190913015837j:plain

 

こんな感じで現実のマップの建物などに回復ポイントなどが設定されていてここを渡り歩いて冒険を進めていくのがゲームのメインの流れとなります。

もっと具体的に言うと、お話を進めようとすると例えば○○の洞窟にいこう!みたいなお話になるんですが、そこで目的地をマップ上の点在するシンボルに設定することができます。例えばあそこの焼き肉屋さんまで歩こう、みたいな。そうして設定した目的地に到達するとお話上でも洞窟にたどり着き物語が進行する流れですね。もちろん、歩いてるとモンスターも現れるので倒すと経験値が入りレベルアップしていくのはスタンダードなドラクエと同じです。

f:id:makaido:20190913023310j:plain

そしてその歩いた距離によって『導きのかけら』というゲーム内のスタミナみたいなものが手に入り、それが次のお話を解放するのに必要な仕組みとなってます。これだけ見ると遠くに設定すればするほどよさそうな感じはしますが、導きのかけら自体は普通にモンスターを倒したりとか色々他にも手に入るので、そんなに数には困らない感じ。

むしろ目的地に設定できるのが遠くても500メートルくらいの間にしか設定できないため一番近いところとかでサクサクと進めていってかけらはモンスターを倒してレベル上げをしつつ集めていったほうが効率的かな?

 

戦闘はどんな感じ?

戦闘はシンボルエンカウントでマップ上に現れたモンスターをタップすると戦闘開始。戦闘が始まるとドラクエユーザーなら見慣れた戦闘画面に入ります。

f:id:makaido:20190913023815j:plain

たたかう、スキル、どうぐ、ぼうぎょのコマンドの中から選んでモンスターと戦うことができます。もちろんオートバトルなどで勝手に戦ってくれたりもするので、特に自分で操作する必要がない雑魚戦とかはオートでラクチンですね。

他にも戦闘以外にもそもそも移動中のシンボルやモンスターのタップ、戦闘といったものを自動でやってくれるウォークモードなんてのもあるので、歩きながらスマホ操作といった危ない行為をする心配もなく、目的地を設定したらあとは勝手にやってくれる親切設計ですね(´ー`)

倒して経験値をゲットするともちろんレベルアップしていきます。ゲーム開始時は戦士でスタートして上げていくことになりますが、ゲームを進めていくと転職も可能に。その辺の職業の組み合わせや育成の幅は今後どんどん広がっていきそうな予感。

 

f:id:makaido:20190913024052j:plain

恐らくゲーム進行やレベルに合わせて出現モンスターも変わっていくと思われるので、序盤からヤバイモンスターに会って全滅・・・なんてこともありません。ドラクエらしく橋を渡ったら急に敵の強さが・・・なんてのも面白そうですがw

最初のうちは特に苦戦することなくレベルを上げていけますね。最初は仲間はいなくプレイヤー一人だけですが物語を進めていくと仲間が増えていきます。仲間キャラの見た目や名前は自分で変えることができるので自分好みのパーティが組めそうですね!

とりあえず1章を全部クリアしてみましたが、最後のボスが今までと比べるとちょっと強く、レベル上げしないと厳しいかもって感じの強さでしたね。推奨レベル10に対して9で挑戦して勝てはしましたが、結構攻撃が痛かったです。この辺は装備にもよるかもしれません。

あとは、今はまだモンスターを仲間にするような要素はありませんが、いずれそういう機能が追加されてモンスターともパーティを組めるようになったらより面白いかもしれませんね。

 

育成はどんな風にしていく?装備は?

前述のようにドラクエらしいレベル上げをしつつ、それ以外の育成要素では大きなところで『装備』『モンスターのこころ』があります。

この装備がこのゲームのガチャ要素となっていて、ゲーム内のガチャを回して装備を手に入れることができます。もちろんそれ以外でもクエストなどで装備は手に入りますが、より強力な装備が手に入るのがこのガチャです。

f:id:makaido:20190913024755j:plain

装備には

・ぶき

・たて

・あたま

・よろい上

・よろい下

・アクセ1

・アクセ2

とあり、ガチャではこの中からランダムで☆3~5までの装備が排出されます。

 

正直今後のエンドコンテンツなどを考えると強い武具はほしいところですが、いかんせんゲームを開始してからガチャを引けるようになるタイミングと実際にリアルで動かないといけないということや、狙いの装備を出す大変さ、出ても結局限界突破などで強くしていかないといけないことを考えると、そこまで粘らなくてもいいのかなと。

もちろん、どうしても最初のうちからダッシュ決めてトップを走るぜ!って方は必要ですが、そうでない場合は毎日の地道なプレイでコツコツ強くしていくのが大事かなと思います。装備が出た後もその装備を強化していく必要がありますし。

f:id:makaido:20190913030228j:plain

あとはまだイベントなども簡単なものしかないですが、今後はそういう強化的な面でも充実させてくるのかな?と思うのでそこらへんも期待したいですね。

 

そしてもう一つの強化要素がモンスターのこころ。

これはモンスターがたまにドロップする装備品のようなものでそれぞれスライムのこころ、ドラキーのこころみたいになっていて、1キャラ、装備コスト以内で3つ装備することができます。またこころにはAやBといったRANKが設定されていてそれが高いほど能力値も上がります。

これはモンスターが落とす時点でランダムだったり、手に入れたこころを同じこころを集めて強化して上のRANKに強化することもできます。他にも複数人で戦わないと倒せないようなメガモンスターのこころなんかもあるようなので、強くしたい人はそれらも強化していく必要がありますね。

f:id:makaido:20190913025927j:plain

ランダムでドロップする以外にもフィールドにはたまにこんな風に必ずこころを落とすモンスターが出現するので、近くにこれらを見つけたら積極的に倒しておきたいところですね。

また、モンスターのこころは基本的には強いモンスターの方が上がるステータスが多く新しいこころを手に入れたらとりあえず上がるかどうか試しておきたいところですね。

その他の楽しみ要素。おなじみの要素も

最近のドラクエには収録されてるモンスターずかんも。倒した数によってガチャを回すのに必要なジェムなどももらえるため、これでもチマチマと稼いでおきたいところ。

 

あとは自分もまだそんなに家具が手に入っていないためしっかりとした部屋作りは楽しめていないのですが、ゲーム内の自宅を設定してその部屋のレイアウトをいじって楽しむこともできます。

f:id:makaido:20190913030817j:plain

 

最初はちょっと狭く置ける家具も少なく感じますがランクが上がると部屋も広がっていくようなので、今後のアップデート次第では部屋づくり単体で楽しめるくらい盛り上がっていくと良いですね。

 

f:id:makaido:20190913215924j:plain

 

家具自体は今の時点でも結構多そう。手に入った家具を設置してほかの冒険者にも自慢できるようないい部屋を作りたいですね~!

 

実際に遊んでみてどう思った?

ストーリーとかは多分序盤ということもあって大した物語性はなく、無難なおつかいクエストとチュートリアルは兼ねた感じなので判断しにくいですが、ゲームの土台部分は面白そうな印象は受けました。

基本的にコツコツ遊んで、コツコツレベルを上げて~みたいな古き良きRPGの楽しさもあると思いますし、色々とやりがいもあるのかな~と。

現時点での欠点を考えると、これは端末の性能やOSの相性なんかにもよるかもしれませんがちょっとGPS機能のレスポンス、正確性に難ありかな?という感じがします。もう目的地についたのにワンテンポ反映が遅れたり~みたいのがチラホラ。同じく位置情報ゲーのポケGOでは起こらないので要求スペック的なことなのか、システム的なことなのか。この辺は他の人との比較や今後の改善にも期待したいところですね。

今後エンドコンテンツとかが恒常的に遊ぶ人が増えていった時に、どれだけガチャの〇〇装備必須!みたいにならないかとか、遊びの幅は増えていくのかとか気になるところですが、現状は楽しくドラクエしてる!って感じですね。

 

 

今後は・・・?

サービス開始したばかりなのでまだコンテンツ的には走り出したばかり。

基本部分でのドラクエらしさは感じられるので、あとはどれだけ継続的にプレイしたくなるような仕組みを作っていけるかな気がします。育成など含めてどれくらいの遊べる要素があるのかわかりませんし。ひとまず僕はチマチマプレイしていこうとは思います(´ー`)

 

DLはこちら

ドラゴンクエストウォーク

ドラゴンクエストウォーク

  • SQUARE ENIX INC
  • ゲーム
  • 無料

apps.apple.com

play.google.com